借金相談はどこで?市役所でできる相談や対策のまとめ

借金相談はどこで?市役所でできる相談や対策のまとめ

63view

2018.06.17

借金対策は公的機関でもOK!市役所でできる相談とは

市役所で借金相談が可能

多重債務や借金の返済は、ストレスが貯まりやすくできる限り早く解決したい問題のひとつです。しかし、弁護士へ診断や相談、依頼をしてしまうと、費用がかかってしまうのではないかという不安も発生します。

できる限り費用のかからない方法で借金対策をしたい場合には、公的機関つまり「市役所」などを利用することがおすすめです。市役所での借金相談は、無料で気軽にできる、そして安心して相談できるという利点があります。

市役所で借金の相談できるメリットとは

市役所で可能な借金相談は、借金の支払いを優先していると生活が苦しくなったり、生活を維持するには借金の返済が滞ってしまったり。こうした場合には、お住まいのエリアにある市役所で借金相談をすることが可能です。

借金の相談が初めてという場合には、弁護士や司法書士にいきなり相談するのは躊躇してしまうということもあります。また、プライベートな問題が関係することもあるので、信頼できる弁護士や司法書士でないと、相談しにくいということも少なくありません。そのため、法律事務所などでは不安があるという場合は市役所のサービスを利用することもできるでしょう。

さらに、市役所の窓口は、基本的に無料で相談できるサービスです。借金の状況は、個々の借入状況によって異なるため、対策が変わることもあります。そこで、費用をかけずに相談したい、とりあえず相談して無料で弁護士を紹介してほしい、借金に関する法的な事柄を知りたいというときに、利用できる方法といえます。

市役所ごとにサービスに違いがあるので事前チェックを!

お住まいの近くにある市役所によっても、相談窓口のサービスや流れ、条件などが異なります。市役所の開庁時間は借金相談を受け付けている市役所もあれば、事前予約などで相談できる日時が限られている場合もあります。

また、市役所によっては、借金の金額や詳細など、ある程度の情報を持っていかなければならないこともあります。事前に揃えておく必要があるもの、相談の際に持って行かなければならないものを前もって確認しておきましょう。

市役所で借金相談をするときの注意点とは

「時間の制約」があるので日時が限られている

公的機関である市役所での借金についての相談には、無料で安心して相談できるというメリットがありますが、相談できる時間が決まっているというデメリットもあります。

市役所の場合、平日の9時から17時までの開庁から閉庁まで、また専用窓口の空いている時間にしか相談できません。また、借金相談が可能な電話窓口や専用の窓口相談など、各都道府県によっても異なります。さらに、毎月数回窓口や特設相談室(会場)を設置している市役所もあります。

そのため、すぐに相談したいと思ってもできなかったり、勤務先の時間と市役所の相談できる時間が合わなかったりという場合もあります。都合のよいときに相談できるとは限らないので、お住まいの近くにある市役所の公式ホームページなどで、日程や時間を確認しましょう。

市役所の借金相談の解決方法の多くは「借金整理」

公的機関での借金相談は、解決方法として勧められるのは「借金整理」がほとんどです。
金額や期間、どこから借りたのかなど、借金の詳細によって異なりますが、法的な相談になり、弁護士からアドバイスを受けることになります。そのため、最終的な選択肢は、どのように借金を整理するかということになるでしょう。

慎重に考えてから進むべき理由はここにあります。なぜなら、借金整理、つまり債務整理は、信用情報に関して事故扱いとなり、ブラックリストに載ることになるからです。(ブラックリストは実際には存在しませんが、信用状況が悪くなるため、銀行や金融関係などさまざまな審査が通りづらくなることを「ブラックリストに載る」といいます。)

デメリットとメリットをよく考えて使いたい市役所での借金相談

ブラックリストに載ってしまうと、今後のローンが組めない、カードが作りづらいなどの状況になることが多いので、各自の状況をよくチェックすることが必要です。

相談の時点では、費用をかけずに進めることができますが、解決方法を考えるとメリットやデメリットをしっかりと考えて進めていくことが重要になります。

にほんブログ村

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る