借金依存症を克服するために必要なこと

借金依存症を克服するために必要なこと

52view

2018.10.16

 
 
 
 

 
 
 
 

現在の社会で流通しているものといえば、様々な種類のあるお金です。日本では円が流通していて、生活のあらゆる場面で必要になっています。生活に欠かせないものである反面、トラブルになることも少なくありません。お金が足りないというときに借金をしてしまう方も多いですが、それが悪化してしまうと借金依存症という状態になってしまうこともあります。

 
 

借金依存症とは?

 
 

借金依存症というのは、文字通り借金に依存している状態のことです。依存症になった多くの方は借金を止めたいと思っても止めることができず、借金をし続けるようになります。克服することが難しく、結果的に自己破産してしまう方も少なくありません。

 
 

借金依存症になる原因

 
 

借金をやめられないと聞くと、だらしないことが原因だと思う方も多いでしょう。当然無理のない生活をしていれば私生活で借金をする必要はないようにも思えますが、最近では手軽に借りることのできるキャッシュカードというものがあります。銀行からお金を借りようと思うと返済できるだけの収入があるのか、信頼できる実績があるかどうかを審査されるので手続きが多く、手軽にお金を借りることはできません。

 
 

しかしキャッシュカードというのは持っていない方でも無人契約機から申請すれば手軽に入手することができ、早ければその日のうちに必要なお金を借りることができます。ストレスなくお金を入手することができるので、「あの商品が欲しいけど、あとちょっとお金が足りない」という場合にクレジットカードなどと同じような感覚で使う人が多くなります。小さな金額から借りられるので、金利などが重なって知らぬうちに多くの借金を抱えてしまうようになるのです。

 
 

借金依存症の対処法:1

 
 

借金依存症を克服するためには、借金をしないことが最終目標になります。ですが無理して抑えようと思っても、我慢するという対処法だけでは克服できない可能性が高いです。克服する方法の一つとして、月々の収入と支出をしっかりメモするという方法があります。お金を借り続けてしまう方というのは、自分がどのようにお金を使っているのかを軽視していることが多いです。メモしておくことによって私生活で使うお金の動きを確認することができ、できるだけお金を使わないように努力することも容易になります。
 
 

曖昧に返済したいという決意をするだけでなく自分の私生活を振り返ることによって、具体的な返済プランを立てることもできるのです。この方法の注意点として、途中に投げ出してはいけないという点が挙げられます。これは単に面倒になって辞める方も多いですが、日々の支出などを確認することで返済ができないと諦めてしまう方もいます。辛くなったときは返済に当てるお金の一部を自分の娯楽に使うなど、自分の生活を楽しむと気分が晴れて続けやすくなるかもしれません。

 
 

借金依存症の対処法:2

 
 

私生活を振り返ることで克服できる場合もありますが、どうしても続けることができずに再び借金を繰り返してしまう方も少なくありません。そうなると金利も膨らみ、返済ができないと自暴自棄になるケースもあります。もし借金が膨れ上がって返済が不可能だと感じた場合は、一度弁護士事務所に相談してみましょう。多額の借金を返済する方も多いですが、そのような方のほとんどは弁護士に相談して債務整理を行っています。

 
 

債務整理というのは弁護士が金融機関と話し合い、金利などを減らして返済可能な金額まで減額することを言います。場合によっては金利のほとんどがなくなり元々の返済額だけを返済していけるようにもなるので、現実的な返済目途が立ち頑張って返していこうと思えるようになるでしょう。一見メリットしかないようにも思えますが、場合によっては後々の人生に大きな影響を与えてしまう可能性もあります。あまりにも膨大な借金であった場合は自己破産という方法でしか借金から脱出できなくなり、資産などを全て失ってしまうかもしれません。返済に無理を感じたら、できるだけ早く相談することが大切です。

 
 

 
 

 
 

借金依存症の対処法:3

 
 

借金依存症を克服する対処法は様々ですが、克服できない原因が本人だけにあるとは限りません。例えば金融機関などから借りていなくても、家族や友人などから定期的に金銭面での援助を行ってもらう債務者もいます。もしそのように頼まれたとしても、周囲の人間は見守るだけに専念しておくのが一番なのです。

 
 

そうすれば借金依存症の本人も自然と自分の生活に危機感を覚え、借金としっかり向き合うことを考え始める可能性があります。一般の人からお金をもらうことも借金と同じなので、症状を悪化させないためにも周囲の人が気を付けることも重要です。

 
 

借金依存症は治らない病気ではない

 
 

借金依存症になると克服は困難ですが、様々な方法で克服することもできます。そのためにもまずは自分が借金依存症だということを自覚した上で、早めに行動に移すことが克服への近道になります。日々の支出を管理したり債務整理を行ったりと、自分に合った方法を探しながら返済する努力を続けるようにすれば、全額返済することも可能です。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る