借金返済計画を立てて効率よく借金を返そう

借金返済計画を立てて効率よく借金を返そう

108view

2018.08.14

 
 

 
 

 
 
 
 

いきなりお金が必要になってしまって、仕方なく銀行から金融機関からお金を借りる方が多いです。ですが、便利さに気付くと次から次へと借りてしまい、気づいたときには負債が増えて返済できなくなっているかもしれません。返済できなくなってしまう前に、やれることはたくさんあります。今回は、借金を効率よく返済していける方法について説明します。

 
 
 
 

借金返済計画を立てる

 
 

負債を抱えている人の多くは、初めの内こそ返すつもりでお金を借りていることがほとんどです。しかし、そのような思いで借り始めたとしても、返済が滞ってしまう方も少なくありません。そのため、返済期日にしっかり返済できるように、借金返済計画を立てる必要があります。

 
 
借金返済計画といっても、どのような内容で計画を立てれば良いのかわからない方もいるでしょう。どのような計画にすれば良いのか簡潔に説明すると、使うお金と支払うお金をしっかりまとめることが大切です。借金を返済できない方の多くは、借金返済について具体的に考えていない場合があります。例えば、1か月に数万円の返済額が設定されていた場合、支払おうと思う方がほとんどです。ですが、その際に「とりあえず返済しないと」と無計画に支払っていくと、いずれ返済できない月が出てきてしまう可能性があります。そのようなことが何回も続けば、支払い期日の延長をしてもらえなくなるかもしれません。そうならないよう、初めから月々の返済額に合わせた借金返済計画を立てることが重要です。
 
 
具体的な計画を作る際、まずは月々の収入を参考にすると良いでしょう。返済額は事前に決まっている場合がほとんどなので、収入額から返済額を差し引き、余った金額からその月に使う金額を決めていきます。上手く返済できない人は自分がどのようにお金を使っているのかをわかっていないことが多いため、上手く返済額に合わせた使い方をすることができません。ですから、実際に返済計画をデータとして残して視覚化すれば、自分のお金の動きを再確認することが可能です。上手く返済できるようにお金を整理すると共に、返済後も無駄な出費を抑える習慣が付きます。

 
 

しかし借金返済計画を立てても、長続きしないことも少なくありません。それどころか日々返済額に圧迫される生活が嫌になり、返済額を見るのも億劫になってしまう可能性があります。そうならないためにも、長続きさせるためのコツを理解しておくと良いでしょう。まず大事なのは、””自分へのご褒美””を計画に組み込んでおくことです。借金返済というのを重く受け止め過ぎて、実は余裕があるのに自ら圧迫してしまっていることがあります。借金を抱えているからといって、重たい生活を送っていては精神的な負担も大きくなります。

 
 

返済額をしっかり支払いながら、自分にとっての楽しみを作っておくことで、借金返済計画を継続していくことも難しくありません。また、借金返済計画を立てた以上、日常生活において計画にない無駄な出費は極力抑える必要があります。そのため、財布の中にはその日使う分だけのお金を入れておくようにしましょう。計画を立てても、もしものことを考えて多めにお金を入れておく方もいますが、それでは心に余裕が生まれてしまいます。そうなれば「明日使う量を減らせば良い」という考えで、お店の商品を購入してしまったりと不要な出費が発生する可能性も少なくありません。財布に必要な金額だけを入れておくことで、不要な出費を抑えることに繋がります。生活に使えるお金が限られている方は、特に気を付けておいた方が良いでしょう。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

専門家と借金返済計画を立てる

 
 

返済するためには計画を立てることも重要ですが、必ず成功するわけではありません。借金をする方は普段からお金を計画的に使っていないことが多く、実際に借金返済計画を立てようとしても、上手く計画できないことがあります。また、請求金額が払いきれない金額になってしまっている場合、一人で借金返済計画を立て始めるのは手遅れです。そのような場合、一度専門家に連絡して債務整理を行うのが良いでしょう。
 
 
地域にも寄りますが、借金問題に詳しい専門家は日本全国に多数存在しています。そのような方々は日々同じような借金問題で苦しんでいる方から連絡を受けているため、適切なアドバイスをもらえるでしょう。場合によっては、債務整理を依頼することも可能です。債務整理というのは、簡単に言えば専門家を自分と金融機関の間に挟み、専門家に金融機関と交渉してもらうことで、借金の負担を減らすことを目的とした法的手続きのことをいいます。
 
 
債務整理にはいくつかの方法がありますが、一番利用されることの多い方法が任意整理です。任意整理は専門家と金融機関とで交渉を行い、債務者の返済額から金利をカットし、返済額を再計算します。そこで再度月々の返済額について話し合い、改めて返済していける方法です。数年間返済ができないまま利息を返済するのが精一杯だったという方であっても、任意整理を行うことで再度借金返済の目途が立ちます。簡潔な方法なので利用者も多く、専門家も推奨している方法です。任意整理の他、個人再生という方法もあります。借金を減らすという点では任意整理と同じですが、個人再生は任意整理よりも借金そのものを見直す手続きです。裁判所を介し、専門家が金融機関と交渉をして、借金を””3年で返済できる金額””まで減らすことができます。任意整理は低金利の契約だとあまり下がらないこともありますが、個人再生であれば借金そのものを減額できる上、返済が現実的なものになります。
 
 
また、債務整理を行ったとしても、引き続き借金を返済していけない方も少なくありません。これもまた、借金返済計画を上手く立てられない方が多いです。ですが、そのような方でも債務整理を行うと同時に専門家へ相談すれば、””一緒に借金返済計画を立ててもらえる””ことがあります。自分一人ではどうしても計画できない方も、専門家ならではの視点でアドバイスを受けることで上手く返済していけるケースも珍しくありません。これは債務整理を行っていなくても、電話やインターネットからアドバイスを求めることが可能です。そのため、借金問題に困ったらまずは専門家へ連絡してみるのも良いでしょう。

 
 

どうしても返済できないときは?

 
 

専門家のアドバイスを受けても、上手く返済していけない方も少なくありません。何度も同じように返済が滞ると、任意整理や個人再生といった方法を金融機関側が拒否する可能性も十分にあります。そのまま返済ができない場合、新たに計画を立てることは専門家であっても難しいでしょう。そのような方のために存在する債務整理が、自己破産という方法です。自己破産では、「自分はもう借金を返すことができません」という旨を裁判所を介して金融機関へ訴え、金融機関が認めれば借金を全額免除してもらうことができます。

 
 

ですが、その際に資産と思える物全てが金融機関の元へ分配されるため、借金が全額免除になる代わりに資産が全て消えてしまいます。資産だけではなく、後の生活であっても「自己破産した人」にお金を貸したがらず、住宅ローンなどが組めなくなる可能性が高いです。自己破産は、どうしても返済できない場合の最終手段とも言えるでしょう。自己破産してしまわないためにも、返済額が大きくなればしっかりと任意整理などを行うことが大切です。その際、必ず専門家のアドバイスを受け、サポートしてもらうことが重要になります。

 
 

まとめ

 
 

借金を返すためには、借金ついてよく考えておく必要があります。そのためにやるのが、借金返済計画を立てることです。無計画に返済するよりも、より生活に合わせて返済していくことができます。借金した際は、借金返済計画を立てて返済していくのも良いでしょう。

 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る