任意整理後ブラックリストに入った時の生活への影響について

任意整理後ブラックリストに入った時の生活への影響について

80view

2018.11.11

 
 
 
 

 
 
 
 

借金問題を解決する方法として任意整理があります。しかし、任意整理後はブラックリストに登録された状態になるので生活への影響も少なくありません。任意整理を検討しているのであれば、先に生活への影響を知っておくことをお勧めします。今回は任意整理を行うと金融面でどういった状態になるのかについても解説していきます。

 
 

任意整理後は借金できない?

 
 

任意整理後には金融機関のブラックリストに記載されることになります。金融機関は返済を行わない人、債務整理を行った人などをブラックリストに記載することでお金を貸さないようにします。金融機関としてはお金を確実に返済する人に絞って融資を行わないと経営が成り立ちません。任意整理は債務整理の1つであり、他の債務整理の手段と同様にお金をどうしても返せなかった方が行う手段なのでブラックリストに載る要件となっています。
 
 

ブラックリストは金融機関同士で共有されているので他の金融機関で借りようとしてもお金を借りることは出来ません。クレジットカードなども一時的に作れない状態となってしまいます。ローンを組めなくなるなど生活への影響は大きいといえるでしょう。だからといって任意整理などには借金問題を解決出来るというメリットもあるのでこういったデメリットがあることは覚悟しておく必要があります。

 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

任意整理ならブラックリストに載らないという俗説

 
 

債務整理の中でも任意整理は裁判所を使わないという点で少し異なる特徴を持っています。そのため、任意整理であればブラックリストに載らないという俗説がありますがこれは間違いです。任意整理であってもブラックリストには載ってしまいます。ただし、自己破産などと比べると記載される期間が短いという特徴もあります。

 
 

任意整理後は何年くらいブラックリストに載る?

 
 

任意整理後にどの程度の間ブラックリストに載るのかという問題は少しややこしくなっています。そもそも日本では3つの信用機関によってブラックリストへの記載が行われるのですが、その期間が異なっています。株式会社日本信用情報機構では任意整理を行った方を5年間ブラックリストに記載します。一方で株式会社シー・アイ・シーでは記載を行いません。全国銀行個人信用情報センターでは任意整理について登録する区分はありませんが、銀行側に事故情報として記録されるので実質的にはブラックリストに記載されるのと同じことになります。この場合の登録期間は5年です。
 
 

これらの情報を総合すると任意整理後は5年間お金を借りることが出来なくなるといえます。直接的な融資を受けられないだけでなく、車のローンなども組めなくなってしまうので生活への影響は大きいです。しかし、任意整理を行うほど生活に困窮しているのであればそこからすぐに車を購入するということは一般的にあまりないことなので、それほどデメリットにならないかもしれません。

 
 

ただ、カードローンをこれまでによく利用していたという方にとっては不便になります。この5年の間にお金を借りずに過ごすという生活に慣れることは債務整理を行った方にとっては重要なので必ずしもマイナスに捉える必要はありません。
 
 

他の債務整理の手段をとると官報に載ってしまうのですが、任意整理の場合は官報に載ることはありません。そのため、自分で言わない限りはバレてしまうことがなく、その点での生活への影響はないといえます。金融機関に融資を申し入れた場合でも審査に通らないだけでブラックリストに載っていることは基本的に伝えられません。”

 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

任意整理後にブラックリストの載ってしまうことによる生活への影響と生活の立て直し

 
 

任意整理後は基本的に5年間ブラックリストに載ってしまうのでお金を借りられなくなります。生活への影響は大きいと思われますが、生活を立て直すチャンスでもあります。この期間にお金を借りない生活を送ることにより、自分の持っているお金でやりくりする癖が付きます。そのため、必ずしもブラックリストに載ることをネガティブに考えすぎる必要はありません。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る