誰にも内緒で債務整理や借金相談をすることはできるの?

誰にも内緒で債務整理や借金相談をすることはできるの?

32view

2018.06.18

任意整理なら借金が家族に発覚する可能性は低い

任意整理のメリット

家族にばれたら困る借金。なんとか隠したままにしたいという気持ちは分かりますが、そのままではいつか必ず発覚することになります。誰にも内緒で借金を整理するなら、任意整理という方法を使うのが最良の方法です。

任意整理は裁判所を通さないので、司法機関や金融機関からの連絡が自宅に来ることはありません。債権者と直接話し合いをすることで借金の整理を進めるという任意整理ならではの特徴が、誰にも内緒で進めることを可能にしているのです。

任意整理は、弁護士と委任契約を結ぶことから始まります。契約をすると債権者側に委任通知が送られ、その時点で借金の取り立てはストップします。自宅への督促状なども届かくなるので、家族にばれたくないという時には、この「委任通知」だけでも大きなメリットとなるでしょう。

交渉は全て弁護士がしてくれるので、自分でやることは特にありません。不自然な行動を家族に怪しまれるなどの心配も無用です。弁護士に任意整理の相談や依頼をするときには、メールだけで全てを済ませることも可能です。書類の郵送などが必要になることもありますが、弁護士はなによりも依頼主の利益を最優先してくれます。

誰にもばれずに任意整理を遂行したい旨を告げれば、しっかりと気を配ってくれるはずです。委任契約を結んだ後の連絡も、全てメールか携帯電話で取り合うようにお願いもしておきましょう。

任意整理のデメリット

任意整理では利息や遅延延滞金に関しては支払い義務が免除されますが、元本の減額は認められないと思った方がいいでしょう。また、任意整理といえども債務整理をしたという事実に変わりはありませんので、いわゆるブラックリストに掲載されてしまいます。

ブラックリストに載っているという事実は、よほどのことがない限り本人以外にはわからないので、それほど心配する必要はありません。ブラックリストに載っていることが原因で発覚するケースとしては、「ローンが組めない」「新規でクレジットカードが作れない」「現在持っているカードが使えなくなる」などが考えられます。特に、配偶者が家族カードを持っている場合には注意が必要です。

借金の連帯保証人を家族にしている場合、任意整理でも連帯保証人に連絡がいく場合があります。こうなると、借金の事実と任意整理を行おうとしていることが発覚してしまいます。

個人再生や自己破産は家族にばれる可能性大

債務整理でも、個人再生や自己破産を使った場合は、家族に内緒で全てを完結させるのは難しいと思ってください。このどちらの方法も裁判所を通した手続きになりますので、自宅に裁判所からの通達が届くことになるからです。

さらに、配偶者の給与明細や源泉徴収票、家計簿などを提出しなければいけません。場合によっては、配偶者に勤務先から源泉徴収票を貰ってくるように頼むといったことも必要になるでしょう。

自己破産では、99万円を超える所有財産は換価処分となります。マイホームやマイカーも処分の対象です。こうなると、家族に内緒で全てを完結させるというのはまず不可能です。

間違えないで欲しいのは、債務整理の方法は発覚のしやすさによって選択するのではなく、借金の額と返済能力によって決まるということです。誰にもばれずに完結させたくても、そういった方法をとることができないという事態もあり得るということは覚えておいてください。

誰にも内緒で借金を整理したいなら、任意整理をおすすめします。借金の額などにもよりますが、可能な限り日常生活に影響なく、配偶者などにも知られないように最善の手続きを進めてくれる弁護士も存在します。悩んでいるなら、経験豊富な「弁護士法人サンク総合法律事務所」や「弁護士法人東京ロータス法律事務所」などに相談をしてみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る