強制執行・財産差し押さえの恐怖!最悪裁判所呼び出しも… モビットの借金返済できない・・・支払催促無視するしかない場合の対処法とは?

強制執行・財産差し押さえの恐怖!最悪裁判所呼び出しも… モビットの借金返済できない・・・支払催促無視するしかない場合の対処法とは?

63view

2018.11.07

 
 
 
 

 
 
 
 

借金は、複利的な特徴を持っているため簡単に膨らみます。そして、そのような借金を抱えたままでいると、債権者から支払いの督促状が届くことがあるのです。借金返済督促状無視の結末は、債権の強制執行・財産の差し押さえによる資産喪失。催促状の無視は、裁判所の呼び出しに応じないことと同じ意味になるためです。そうならないための対処法を学んでおきましょう。

 
 

支払い督促状を無視するとどうなるのか

 
 

借金の返済トラブルについて勉強するためにも、まずは支払い催促状というものが持つ効力について知っておきましょう。借金返済督促状とは、お金を貸している立場にある債権者が、お金を借りている債務者に対して資金の返済を要求する公的な書類です。これは公的な書類であり、法的な強制力を持つ書類になります。この書類はいわば債権者からの訴えであり、債権者が債務者に対して金銭を返済してほしいという訴訟を起こそうとする書類なのです。
 
 

つまり、これは民事裁判なのです。こういった訴訟トラブルの特徴として、公的な書類に記載されている指示には必ずリアクションを起こさなければならないというものがあります。ここでアクションを起こさないと、法的には書類の指示に同意したと自動的にみなされるのです。借金返済催促状の場合、借金を返済してほしいという訴えに同意したとみなされることで、返済の義務を負うことになります。

 
 

このように、書類には相手を動かす強制力があるのです。一旦公的な書類を出されてしまうと、それを無視するということができなくなるため、強制的な返済義務を回避するためには訴えられる前に対策を打つ必要があります。特にモビットは、訴訟への切り替えが早いことで知られているためリアクションは早めにした方がよいでしょう。

 
 

 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

訴えられる前にできること

 
 

モビットなどの金融機関が債権者として支払い督促状を出すというのは、会社としてもかなり手間のかかる作業です。これが裁判ざたともなれば、債権者側にも弁護士費用などの金銭的な負担や裁判にかかる事務作業などの作業コスト、時間的なコストがかかります。できれば、スムーズに資金を回収したいと考えるのが債権者の本音でしょう。そこで、いきなり訴えられる前に返済についてきちんと話し合う流れを作っておくという手法があります。
 
 

債権者が督促状を出すというのは、かなり債務を怠っているか債権者と債務者のコミュニケーション不足から起こるものです。債務者がただ怠慢で返済をしないというのであれば、話し合いの余地がないかもしれませんが、債務者の事情を把握できれば借金の返済計画を見直してくれる可能性もあります。いわゆる、リスケジュールのようなものです。

 
 

債権者が困るのは、借金の踏み倒しであることがほとんどで、信用のない債務者に対しては厳しくなるのは当然でしょう。そうなる前に、まずはコミュニケーションを取り合って信頼関係を築くことが金銭トラブルを防ぐために有効なのです。モビットの借金返済の流れについては、まず滞納2カ月から一括請求が行われ、3カ月目になると裁判所に訴えられることが多いようで、スピーディーな対応が求められます。
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

訴えられた場合の対処法

 
 

それでも、債権者による債権の強制執行・財産差し押さえのために訴えられる可能性はあります。裁判所呼び出しにも応じないという借金返済督促状無視の結末は、債務者の財産没収です。こうなると、債務者の給与までも資金回収の対象になり、無一文になる可能性もあります。訴えられた場合の相談窓口としては、民間の法律事務所などがあります。

 
 

借金返済督促状が送られてきた時点で、民事裁判の始まりです。弁護士など法律の専門知識を持った人材が揃った機関に相談することが肝要になります。それでもかなりコストがかかる手段にはなるでしょう。特に、モビットは滞納についてシビアな会社です。訴えられる前に対処する方法は、やはり事前の話し合いで信頼関係を築いておくことが必要でしょう。

 
 

最後は信用問題!借金返済は計画的に…

 
 

借金問題は、事後対策になればなるほど負担が大きくなります。借金は複利的に膨らむものであり、長引けば長引くほど債権者も債務者も不利になるものです。それでも返済が困難であれば、まっとうに債務者とコミュニケーションをとりスケジュールを見直したり債務整理をしたりなどの対策方法もあります。トラブルになる前に、きちんと話し合いをしておきましょう。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る