人生に疲れた・生きるのが辛い時の年齢別対処法について

人生に疲れた・生きるのが辛い時の年齢別対処法について

45view

2018.09.13

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人生に対して疲れを感じやすいのは一般的に40代や50代などの中年ですが、20代や30代でも人生に疲れたと感じている人は増えてきています。このように年代に関係なく人生に疲れたという人はいる反面、その対処法は年代によって異なっているのです。
そこで今回は、人生に疲れたという状態の年代別の対処法について解説します。

 
 

20代が人生に疲れてしまう理由と対処法

 
 

20代は社会人の一員となる年代であり、学生の終わりとともに社会人として希望や不安に満ちた時期だと言われています。
そんな20代は学生の頃の扱いと社会人としての扱いのギャップや仕事に向き合った結果からくる不安が原因で、人生に疲れてしまう人が増えていると考えられているようです。このため20代が人生に疲れてしまう理由は理想と現実のギャップが大きなポイントとなっていて、疲れてしまうだけではなく人生そのものがつまらないと感じてしまうところが問題だと指摘されています。
 
 

このため年代別の対処法としては、まずは精神面を落ち着かせるためにゆっくり休むことが大切です。その上で自分の中にため込んでいる本音や吐き出したいことをどこかで吐き出したり発散することで、自分が何に対して人生の疲れを感じているのか認める必要があります。ほかにも新しいことにチャレンジして楽しいと思えることを見つけたり、自己啓発のセミナーなどを利用してみるのもおすすめです。
さらに仕事に関して不安やストレスを抱えているのであれば、仕事のパフォーマンスを上げる工夫を検討してみることも根本的な対処法と言えます。

 
 

30代が人生に疲れてしまう理由と対処法

 
 

30代になると社会人としてある程度理想と現実のギャップを埋めることができるようになり、それに対応できる知識や技術も身についた年代です。人によってはある程度の役職についているケースも多いですし、結婚したり子供が生まれるなど自分の家庭を持つことができることから充実した年代とも言われています。

 
 

このような30代が人生に疲れてしまう原因として挙げられているのが、仕事でもプライベートでも束縛されてしまうことです。仕事では役職をつけられたり教育係を任されるなど、20代と比較すると責任を求められる傾向があります。プライベートでも結婚していたり家庭を持っている場合は、家族に対する責任を負うことになるのです。このようにどこにいても責任を求められてしまうため、その状態に精神的に疲れてしまうことで人生にも疲労感を感じてしまうと言います。
 
 

年代別の対処法として30代におすすめなのは、こちらもやはりまずは休息を取ることです。そして仕事に関しては転職をして新しい環境を求めたり、プライベートであれば習い事など新しいことにチャレンジすることも挙げられています。どちらも新しいことへの興味を持つことで人生の楽しみを見出す効果があり、仕事やプライベートでも束縛されることや同じことを続ける毎日への慣れを払しょくさせることが重要だと指摘されています。

 
 

40代が人生に疲れてしまう理由と対処法

 
 

20代、30代と比較すると仕事もプライベートも徐々に落ち着きを見せてくるのが、40代という年代です。仕事もある程度立場がある仕事を長くこなしている人が多いですし、家庭でも子供が巣立つなど慌ただしい時期を過ぎるのでようやく自分の時間をゆっくりと求めることができる時期だとされています。

 
 
そんな40代にとって将来のことを考えるというのは非常に漠然とした不安を感じる行為であり、人生に疲れてしまう原因となるものです。20代や30代でも将来に不安を感じることはあるものの、若さなどの理由からまだポジティブに考えられる人も多い傾向にあります。それに対して40代はポジティブに将来のことを考えられるほど若くないと思っている人が多いため、将来についての不安から人生に疲れてしまう人が増えているようです。

 
 
40代の人生が疲れた場合の年代別の対処法としては、自分の時間を徐々に持てるようになったからこそあえてとことん落ち込んでみるという方法がおすすめされています。その際には仕事やプライベートを休んで、落ち込むことに集中します。そうすることで膿を出し切ったようにスッキリすることができると言われていて、将来についても建設的な考えが持てるようになるようです。
また今の自分が持っている幸せや希望を小さなものでもいいので見つけて、それを増やしていくように努力するという方法もあります。些細なことでも幸せや希望があると実感することができれば、自然と人生を前向きに考えられるようになるという考え方です。

 
 

50代が人生に疲れてしまう理由と対処法

 
 

仕事もプライベートも最も落ち着きを見せてくる50代になると、体の健康や親の介護問題、さらには子供の進学や就職に関係することなど様々な問題が押し寄せてきます。このため仕事やプライベートで抱えているストレスにさらにほかの問題やストレスがかかってくるため、人生に疲れたと感じる人が最も増える年代だと言われています。特に自分自身の健康面や人生設計についての問題やストレスは想像以上に大きなストレスや不安となっているようで、解決できるだけの若さや時間がないというところも人生に疲れてしまう大きな要因だとされています。
 
 

ストレス発散が意外と苦手だと言われている50代の年代別の対処法としておすすめなのは、まず自分なりの楽しみを見つけることです。50代となると自分以外の誰かのことばかり気にかけなくてはいけないという人が多いため、まずは自分の時間を持てるようにする必要があります。その中で自分なりの楽しみや趣味を見つけることで、人生に疲れていても気持ちを前向きにしてくれる力を取り戻すことができます。
また心のかかりつけ医を見つけることも対処法の一つとして重要視されていて、自分に合ったカウンセリングを行ってくれる医師を見つけておくことが大切です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

年代別にみる人生に疲れた時の対処法

 
 

20代や30代などの比較的若い年代から40代や50代などの中高年と言われる年代まで、幅広い年代の人たちが人生に疲れてしまう状態となっています。このような状態だからこそ、まずは無理に頑張りすぎずに心と体を休ませる時間を作る必要があると考えられているのです。その上で年代別の対処法を実践しながら、自分なりに人生を楽しめるようにしていくことが大切です。

 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る