弁護士事務所に借金相談することができるケースまとめ

弁護士事務所に借金相談することができるケースまとめ

26view

2018.06.18

借金問題は弁護士事務所に相談できる

借金問題は相談相手が見つけにくい

借金にまつわる悩みは、さまざまなケースがあり簡単なものではありません。また、とてもデリケートな問題でもあるため、近くにいるはずの家族や親しい友人にも相談しにくいということも多いのではないでしょうか。

個人的な問題のことで弁護士に相談するなんて、大げさなのではないかと思ってしまいがちですが、借金問題という人生のピンチには、プロの知恵をお借りして借金相談に乗ってもらい解決していく方法をおすすめします。

弁護士事務所で借金相談できる

どのように借金問題を解決することができるかを、経験豊富な弁護士に相談するのが、解決のための近道といえるでしょう。債務整理や過払い請求に関する相談先として、弁護士事務所に相談するというものが、公共の乗り物の広告やテレビのコマーシャルでもよく見かけるようになりました。

弁護士事務所を通して相談したら借金がなくなった、過払い金が返ってきたという声もあります。

弁護士事務所に相談できる借金問題の種類

任意整理

長い期間にわたり、月々の返済を続けていても、現在に至ってもなお支払いが完済できていないというケースで、いつ完済できるのか先が見えなく不安に思っているという場合は、任意整理を弁護士事務所に相談できます。

たとえば、貸主から年間の金利を法律で定められている15%から20%を上回る利率に設定されているという場合に、任意整理の相談ができます。このケースでは、正当な金利で計算しなおしたうえで、約3年ぐらいで無理なく返済できるよう、残りの負債分を分割してもらうことを相談できるでしょう。

過払い金請求

すでに借金を完済しているという方は、過払い金請求の相談を検討できます。借金がすべて支払い済みであっても、返済のための利率が高金利であったどうかを調べてもらうことができます。

もし、借金返済の利息を支払いすぎていたことが判明した場合は、支払い過ぎていた高金利分の返還請求をしてもらうことが可能です。ただし、借金が完済してから10年以上の期間が経過している分に関しては、時効とみなされてしまい、過払い分の返還請求はできなくなってしまいます。早いうちに相談に乗ってもらうことが大切です。

個人再生

定期的な収入はあるけれども、負債額が膨れ上がってしまって、借金の返済を支払い続けることが非常に困難になってしまった方は、個人再生するべきかどうかを弁護士事務所に相談するとよいでしょう。住宅ローンなどの返済もあるが、家や車などの財産は手放したくないと考える方もこのパターンでの相談ができます。

個人再生は、借金がすべて帳消しになるわけでなく、一部が減額されるという方法です。この場合、借主が個人再生に当てはまるのか、もしそれを行うならどのようなメリット、デメリットがあるのかを弁護士がしっかり説明してくれたうえで手続きを行ってくれるので、安心して相談できます。

自己破産

負債額が減るどころか増え続け、年間の収入を超えてしまい、支払い不能な状況におちいっているというケースの方は、自己破産について相談することになるでしょう。膨れ上がってしまった負債を、どうしても返済できない場合は、借金を帳消しにして、新たなスタートを切ることができます。

メリットもある一方で、大きなデメリットもあるので、安易に自己破産をするものではありませんが、弁護士事務所を通して相談すると、個人再生ができないかなど状況を分析したうえで、難しい状況でも的確で力強いアドバイスが得られます。

弁護士と聞くだけで、敷居が高く感じられるかもしれないですが、たくさんの案件を扱っているプロフェッショナルなので、手遅れになる前に相談してみると、力になってくれる頼もしい存在になってくれるでしょう。多くの弁護士事務所はフリーダイヤルを設け、相談無料のところも数多くあるので、まずは一度連絡を取ってみるとよいかもしれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る