借金滞納そして支払催促無視した末路…強制執行・財産差し押さえなどの裁判所から通知が来た場合の対処法・アイフルの場合

借金滞納そして支払催促無視した末路…強制執行・財産差し押さえなどの裁判所から通知が来た場合の対処法・アイフルの場合

36view

2018.11.22

 
 
 
 

 
 
 
 

消費者金融からお金を借りた場合は必ず返済する必要があるのですが、中には借金返済ができなかったり支払いの催促を無視するという人もいます。その場合には裁判所から通知が届き、最終的には強制執行・財産差し押さえなど借金返済督促状無視の結末はいずれも悲惨なものです。
そこで今回は、アイフルで借金を返済しなかったり催促を無視した場合の訴えられた場合の相談窓口や訴えられる前に対処する方法について解説します。

 
 

アイフルでは借金が返済できなかったり催促を無視したらどうなるのか

 
 

アイフルでは借金の返済日に返済されなかった場合には、基本的に返済日から3日以内に電話での連絡があります。ただこれはあくまでも返済日を忘れていた可能性もあることも想定されているため、催促ではなく一般的な確認の連絡となっているようです。
それでも返済をしなかった場合には催促の連絡が入り、そこからは返済されるまで定期的に催促の連絡が電話に入るようになります。催促の電話を無視した場合は自宅や携帯電話だけではなく勤務先にも連絡が入るようになってしまうため、勤務先に借金があることを知られたくない場合は注意が必要です。
 
 

無視を続けていると最終的にはほぼ毎日催促の電話が入るようになりますが、これを無視し続けると裁判所から通知が届けられます。これはアイフル側が裁判所に申し立てを行ったための通知で、借金の返済に関する答弁書の提出を求められます。さらにこれを無視してしまうと、強制執行・財産差し押さえを行うことが決定されてしまうため無視を続けたとしてもどうすることもできなくなるのです。
これがアイフルの借金返済をしなかったり借金返済督促状無視の結末とされていて、アイフルだけではなくほかの消費者金融も同じように対応します。ただアイフルは金融機関の中でも大手なので比較的適切な催促や督促を行っているので、突然強制執行・財産差し押さえになるようなことはありません。

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

アイフルから訴えられた場合の窓口や対処法の紹介

 
 

アイフルから訴えられた場合の相談窓口は、基本的にアイフル側には用意されていません。また訴えられた状態でアイフルに電話をした場合にはそのまま裁判で争うのかその場で借金を返済するのかのどちらかしか受け入れてもらえないため、返済することが難しいと判断された場合には強制執行・財産差し押さえが行われてしまう可能性が高いです。
 
 

このため訴えられた場合の相談窓口としては、弁護士または司法書士が相談窓口として利用できます。特に借金返済や債務整理などに強い弁護士や司法書士であればより専門的なアドバイスや指導をしてもらえますし、弁護士に相談すれば代理人として裁判所に出廷してもらうことも可能です。そこでアイフル側との交渉も行ってくれるため、自分たちに不利にならないように働きかけることができます。
訴えられてしまうと素人ではできることが限られているので、裁判所から通知を無視するのではなく早目に弁護士や司法書士に相談することがおすすめです。

 
 

訴えられる前に対処することはできるのか

 
 

では訴えられる前に対処する方法としてはどうすればいいのかというと、基本的にアイフルからの借金返済の催促や督促を無視しないことが大切です。返済日に返済することが難しいとわかった時点で自分たちからアイフルに連絡を入れればある程度融通してもらえますし、きちんと返済日を伝えるだけで返済を待ってもらえることも多いとされています。
そもそも催促や督促を無視し続けるから訴えられてしまうので、返済ができない状態であってもまずはアイフルにその旨を伝えることが重要な対処法です。

 
 

借金返済督促状無視の結末は悲惨なのできちんと対処することが大切

 
 

裁判所から通知や借金返済督促状無視の結末は、強制執行・財産差し押さえのほかにもブラックリストに入ってしまうなど非常に厄介なものです。
このため借金が返済できなくなった場合には催促や督促をされる前に自分たちから連絡を入れることが大切で、もしも訴えられた場合には弁護士や司法書士などの専門家を相談窓口として利用することがおすすめされています。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る