「24時間借金相談OK」の本当の意味と活用方法~最初の一歩

「24時間借金相談OK」の本当の意味と活用方法~最初の一歩

58view

2018.06.18

「24時間相談OK」の意味とは

借金に悩む人にとって、それを解決するための方法を模索することは何よりも重要です。そしてその選択肢のうちの一つに、「弁護士への相談」があります。

弁護士を利用することは、借金問題の対策としてもっとも有用な方法です。「どんな方法をとればよいのかわからない」という人は、まずこの方法を使いましょう。相手はプロですから、現在の法律などに照らし合わせて、もっとも有用な解決方法を提案してくれます。

「弁護士に相談するのは少し怖い」

「お金がかかりそう」

「営業時間内は仕事をしている」という人もいるでしょう。

しかし現在は、「24時間、いつでも借金相談を受け付けています」というところも増えています。
ただ一つ注意点があります。

「24時間、いつでも借金相談を受け付けている」という弁護士事務所の掲げている「24時間」は、必ずしも「いつでも弁護士が滞在しており、夜中の2時や3時でも直接話ができる」を示すわけではないということです。

多くの弁護士事務所の「24時間借金相談を受け付けている」というのは、「メールでの相談を受け付けている」といった意味です。このため、当然返信は翌日の営業時間内になります。

また、数は少ないものの、「電話での応対も24時間受け付けている」というところもあります。ただこの場合も、詳しい話はやはり営業時間内にまわされることになります。

もっとも、借金の相談をしたいと考える人にとってもっともハードルが高いのは、「最初の一歩を踏み出すこと」です。このため、「営業時間内には自分の手が空かないから電話ができない」という「自分自身のなかの言い訳」を取り払ってくれるこの「24時間相談受付」は、非常に大きな意味を持つものだと言えるでしょう。

営業時間とスケジュール調整

「24時間相談」と合わせて知りたいのは、「その弁護士事務所の営業時間」です。弁護士事務所というと、平日の9時くらいから夕方の18時くらいまでしか開いていない、といったイメージがあるかもしれません。たしかにこのようなかたちで運営している弁護士事務所もたくさんあります。

しかしウィークディに働いている人も多いため、現在では夜間営業に強い弁護士事務所や、土日に対応してくれる弁護士事務所もたくさんあります。平日でも21時すぎまでやっていたり、土日でも18時くらいまでは開いていたりと、できるだけ多くの人が足を運びやすい状況にしてくれている弁護士事務所もたくさんあります。これは「祝日」でも同じです。

このため、自分の行きやすい日を選ぶことができるでしょう。もっとも、弁護士事務所の場合、いわゆる「飛び込みで弁護士事務所に行き、その場ですぐに相談をする」というかたちはほとんど採用していません。

その前段階として、メールあるいは電話での予約制度があります。人気の弁護士になると、数週間先まで予定が埋まっているということも珍しくはありません。特に、「自分自身にも行ける時間に制限がある」といった人の場合は、なかなかスケジュールの都合がつかないこともあるでしょう。場合によっては有休などをとる必要も出てくるかもしれません。

ただ、借金は「何もしなければなくなって消えるもの」では原則としてありません。そして多くの場合、時間が経てば経つほど状況は悪くなります。まずは24時間相談に電話やメールをしてみて、その後の対策をできるだけ速やかに講じる必要があります。

また、弁護士に相談するということは、「事態の解決そのもの」に有効であるだけでなく、「精神的な安定」にも繋がります。そして、「最初の一歩」を踏み出すことができれば、後はとんとん拍子に状況が改善していくことも珍しくはありません。

24時間相談ですぐに状況が解決することはほとんどありません。しかし、「状況を解決するための大きな一歩」なのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る