20代で借金があるときの対策・賢い返済方法とは

20代で借金があるときの対策・賢い返済方法とは

78view

2018.08.11

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

借金に追われてしまっているときにはできる限り早めに対策を取ることが大切です。20台の人がかなりの借金をしてしまっているときには解決が困難になることがあります。何ができるかをよく考えて一つずつ取り組んでいきましょう。本当に返済するのが難しいという状況に陥ってしまったときの解決策についても知っておくのが大切です。

 
 

毎月の支払いが可能なら無理をしないのも重要

 
 

20代で借金を抱えてしまっているときにどうすべきかと悩んだら、まずは焦らないのが基本方針です。借金はこれ以上増やさないというのを大原則にして必要な金額を毎月工面できれば良いという考え方を持ちましょう。不足分を他のローンで工面して多重債務になってしまうと利息分が増えてしまって返済が不可能な領域に入っていってしまいます。

 
 

20代の場合にはまだアルバイト生活か、就職して数年というところで年収を上げるのは容易ではありません。もっと稼ぐにはかなりの努力か才能が必要になるので、無理はしないという考え方が重要です。もし毎月の返済ができるのであれば、それ以上に苦労はしないようにするのが賢明でしょう。大学生でアルバイトで生計を立てている段階なら、卒業して就職したらすぐに返済できる可能性があります。

 
 

社会人になって間もない人は数年すれば一人前になって昇給も受けやすくなり、努力次第では若くして抜擢を受けて昇格できることもあるでしょう。そうすれば余剰分を使って比較的容易に借金を返済できるようになります。焦って返そうとしたのが原因で体調を崩してしまったり、仕事で失敗したり、学業を疎かにして留年してしまったりしたら元も子もありません。まずは落ち着いて返し続けられるかどうかを考えるのが大切です。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

副収入を増やすためにできること

 
 

やはり返し続けるにはもう少し収入が必要という場合には副収入を増やすのが賢明です。この場合にも無理はしないという方針を貫き、毎月どの程度の副収入が必要かを見積もった上で、その範囲内で働くようにするのが大切です。既に仕事を持っている場合には副業が可能かどうかを最初に確認しておかなければなりません。無断で副業をしたのが発覚すると解雇される可能性があります。アルバイトをしているときには通常は掛け持ちができるので、余力があるところに別のアルバイトを組み込んでも良いでしょう。

 
 

そもそも同じアルバイトでシフトを増やせるのならそれでも問題はありません。正社員として働いているときには規定上、副業ができることを確認した上で休日に単発のアルバイトを入れるのが効果的です。引っ越しのように一日で一万円近く稼げるものもあるので有効活用していけばかなりのお金を稼げます。

 
 

夜間のアルバイトも時給が高いので副収入を増やすのに適しています。アルバイトをするほどの時間がないというときにはクラウドソーシングで稼ぐのも効果的です。アンケートに答えたり、ライティングをしたり、プログラムを作成したりするとコツコツと稼ぐことができます。小さな積み重ねが必要ですが、努力次第でアルバイトをするのとほとんど変わらない程度には稼ぐことが可能です。もし本業と関わりのある案件があれば、スキルアップにもつながるので魅力的でしょう。

 
 

節約するためにできること

 
 

副収入を増やすために働くのは大変になりがちです。それほど不足分が多くはないというときには節約によって対応することもできます。衣食住を一通り見直してみるのが大切で、無駄に費用をかけている部分があったら減らすように努力してみましょう。問題点を見つけ出すには家計簿を使うのが効果的です。毎月、何にどれだけの費用があるかを明確にすると、無駄な費用が浮き彫りにされてきます。外食が多くて費用がかかっているのであれば弁当を作ってできるだけ外食を減らすのは合理的な方法です。

 
 

飲み会の回数が多いという場合には月に一度は断るようにするだけで毎月数千円の節約ができます。ファッションにお金がかかっているのなら節約は比較的容易で、ワンランク安い服を買うようにすると解決可能です。多少古くなっても着続けるというのも節約につながるでしょう。より大きな効果があるのが引っ越しです。今よりも少し家賃が安いところに引っ越すだけで毎月一万円以上も節約できることがあります。特に学生寮や社宅を利用できるときには大幅な節約になります。

 
 

引っ越しにかかる費用も勘案してどれだけ節約になるかを試算した上で行う必要があるのは確かです。就職や転勤などの節目には積極的に安いところに転居するのが賢い方法でしょう。水道光熱費も少しずつ節約すれば年間で数千円単位での節約になります。最初はストレスになることもありますが、習慣化してしまうと簡単なものも多いので積極的に取り組んでみましょう。

 
 

将来性を失わないように気をつけよう

 
 

副業や節約によって返済に使えるお金を確保するのは返済額が大きいときには重要なことですが、20代の場合にはやり過ぎに注意する必要もあります。まだ若くて成長の過程にある段階なので、将来性を失わないようにすることが欠かせません。まだ学生という場合には、その間に学べることを最大限まで習得し、インターンなどにも通って将来的に役立つ能力を育むことが大切です。資格の取得を目指して勉強をするのにも時間的な自由がある期間で、学習能力も高い年齢ということを考えて自分に投資するようにしましょう。その余力を金銭的にも時間的にも作れるように計画を立てて借金の返済に取り組むことが大切です。

 
 

また、就職してからも新しいことを当面は学ばなければならない状況になっているのが一般的です。そのときに副業に時間を費やし過ぎて体力や気力が不足してしまったり、食費の節約のし過ぎで栄養失調を起こしてしまったり、身なりを疎かにして周囲からのイメージを悪くしてしまったりすることがないように気を払うのが重要になります。目先の借金の返済にとらわれてしまうと将来性を失い、いつまでも借金に苦しめられることになってしまう可能性があります。あくまで返済のために無理はしないというスタンスを維持することが重要なのです。

 
 

利息すら払うのが苦しいときには債務整理

 
 

20代で借金を増やし過ぎてしまい、毎月の返済額どころか利息すら払うのが苦しいという状況に陥ることもあります。毎月の返済額が払えなくても金融機関によっては当面は利息だけで良いという措置を取ってくれることもありますが、それすらも難しいとなると強制的に徴収されることになりかねません。その状況に至ってしまう前にできるだけ早く債務整理を検討しましょう。

 
 

返済額の調整をするための交渉も任意整理を通して行うことができます。状況によっては返済額を減らせる可能性もあるので、前向きに債務整理に取り組んでみるのが大切です。専門家に相談すればどのような形で進めていくかを細かく相談できます。まずは債務整理の詳細を理解してどこから手を付けるべきかを判断できるように話をしてみましょう。

 
 

まとめ

 
 

20代で借金を抱えてしまっているときには無理をしないのを基本方針とするのが大切です。毎月の返済額を工面できている限りはそのままの状況を維持していても問題はありません。返済が困難な場合には副収入を増やすか節約して対策することになりますが、それを頑張りすぎて本業が疎かになり、将来性を失ってしまわないように気をつけなければなりません。自己投資が必要な時期でもあることは念頭に置いておきましょう。本当に返済が苦しいときには債務整理を試みるのが効果的なので専門家に相談してみましょう。

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る