買い物依存症で借金を作った時の対処方法を知る

買い物依存症で借金を作った時の対処方法を知る

8view

2018.08.18

ストレス社会の現在で買い物依存症になりやすく、特に昨今はクレジットカード払いやリボ払いなど現金の持ち合わせがなくともショッピングができます。自分自身で借金をしているという自覚がないまま、気が付いたら返済が不可能になったというケースも多いです。依存症になると自分一人で改善するのが難しく、第三者に相談することが解決の一歩になります。

依存症になると危険です

ストレス社会の現在では、発散方法を知ることが大切になります。何か好きなことに集中するとリフレッシュとなるので、積極的に楽しみたいです。しかし中には気を付けたいものもあり、パチンコや競馬などのギャンブル、そして過剰なショッピングは注意しなければいけません。適度に楽しめるなら問題ありませんが、やめたいのにやめられない、依存症状態になるととても危険です。精神面はもちろん、お金が無くなり借金に走ってしまうと後々の人生を狂わせてしまう原因となってしまいます。

初期段階で自覚することによって、大きなトラブルを回避できますので、気になった時はチェックしてください。自分自身の状態を正しく把握する、これが重要なポイントです。今はセルフチェックの方法がいくつかありますので、気になった時は早めに行ってみるのが良く、客観的に見ることで自覚できる可能性が高まります。そして現状を把握することによって、トラブルの回避や改善につなげることが可能です。

無意識の借金について知ろう

買い物依存症やギャンブル依存症、そういった言葉を近年は良く見聞きします。これらは対岸の火事ではなく、誰でもきっかけがあれば陥ってしまう危険性を持っており、人生を狂わせる原因となる場合が多いです。依存症というのは自分では気づかないことが多く、周囲から指摘されてはじめて分かるものの、そこまでくると抜け出すのが難しい状態になっている可能性が高くなります。精神面はもちろんですが金銭も気を付けなければいけなく、今はクレジットカードやリボ払いといった現金を持ち合わせていなくとも支払いが可能です。

そのため借金と意識することなく行っている場合もあり、気が付いたら高額の利息で返済ができなくなったというケースが増えています。キャッシングなどと違って借金という意識が希薄ですが、リボ払いはもちろんクレジットカードでも分割払いは手数料がかかってくるので、借金と同じようなものと考えた方が良いです。特にリボ払いは金利によってはキャッシングよりも、最終的な支払い総額が大きくなる場合があります。カード支払いは手軽ですが、現金の動きが目に見えないので自分がいくら使ったのか把握が難しく、手数料や利息が意外に高額で返済が厳しくなる人は多いです。この時に返済のために借金に出る人もいますが、もっともしてはいけない方法になります。

返済が難しいと感じた時に行うこと

依存症の見極め方で最も分かりやすいのが、暮らしに不要であるにも限らず、借金をしてでもその行為をしてしまうというものです。これが食料品や光熱費といったものなら仕方がないと思えますが、服やバッグ、アクセサリーといった生活に必要のないものにつぎ込むのは依存症だと言えます。理性では分かっていても一度陥ってしまうと、やめるのは難しいです。よほどの意志力がない限り、借金をしてでも欲求に従ってしまいます。最初にクレジットカードでの分割払い、次にリボ払い、そしてキャッシングに向かうと買い物依存症の末期であると言えるはずです。

収入から生活費や必要経費を除いて支出が上回ってしまう、そうなると生活そのものが成り立たなくなってしまいます。自分自身が依存症であると認めるのは辛いですが、自覚しないと状況は変わらずそのままとなり、破綻に向かって進むしかありません。買い物依存症は既に借金を抱えてから、自分がそういった状態であると自覚する場合が多いので、返済を考える必要が出てきます。収入の状態によっては一人で対処するのが難しくなるので、頼れる相手に相談した方が良いです。まずは法テラスや弁護士の無料相談を利用するのが良く、専門家のアドバイスを受けるのが解決に役立ちます。同時に精神面の治療にも取り掛かる必要が出てきて、借金返済にめどがついても、買い物依存症のままでは同じことを繰り返してしまう可能性が高いです。

まずは弁護士に相談しよう

買い物依存症からクレジットカードでの分割払い、リボ払い、さらにキャッシングなどに手を出す人は多いです。問題は自分自身に借金をしているという意識がなく、気が付いたら返済が不可能な状態になっていたということがあります。そしてこの時に返済しなければいけないと、新たに借金をして返済に回す人も多く、こうなってしまうと抜け出すのはほぼ不可能です。できればこの状態になる前に弁護士など専門家に相談すると良く、少しでも早く行うことによって生活の立て直しができます。買い物依存症の治療も大切で、同時に行うのがベストです。

その際も弁護士に相談することによって、金銭面の不安を晴らせるので治療がスムーズになりますから、早めに相談してください。返済が不可能な状態に陥っていると、まともな判断力も低下してくるので、一人で抱え込んでいても良い考えは思いつきません。家族がいれば迷惑をかけてしまうので、早めの相談が最も良い方法になるはずです。利息に関しても何もしなければ増え続けてしまい、ますます返済が難しくなります。自分で対処できないと思ったその時に、すぐに専門家に相談することで最悪の可能性を回避できます。

必要に応じて対処方法が変わってきます

買い物依存症で借金を作った場合、弁護士など専門家に相談すると債務整理を進められることが多いです。任意整理・民事再生・自己破産・過払い金請求のどれかを選択し、それぞれメリットとデメリットが異なるのでしっかりと相談して、納得したうえで決めてください。どれも手続きをすると一時的に返済をストップできるので、精神的な余裕が生まれます。

この間に依存症治療をしっかりと行うのが良く、借金に悩まされている状態では新たなストレスとなり、治療をしても上手くいかないケースが多いです。悩みを解決するのも治療の一環で、借金問題は弁護士に相談すると力になってくれます。何もしなければ状態が変わることはなく、収入よりも支出が多ければ生活が破綻するのは当然の流れです。また買い物依存症の状態のままですと、借金で生活が大変だと理解していても欲求が止められず買い物を続けてしまいますから、早めの処置が改善には重要になります。今は調べれば弁護士の無料相談や法テラスが見つかるので、勇気をもって利用すると現状を変えられます。

まとめ

ストレスが多い現在では、誰でも買い物依存症になる可能性を持ち合わせています。そして社会人になればクレジットカードの所持率も増えて、買い物を分割払いやリボ払いにすることによって、借金をしているという意識が薄くなり、返済が厳しくなってはじめて自覚するといったケースが多いです。この時に気を付けたいのが、返済ができないからといって新たに借金をするという方法はリスクが高く、少しでも早く専門家に相談することが必要になります。法テラスや弁護士事務所が行っている無料相談を利用すれば、費用をかけずに済むのでおすすめです。調べれば手軽に利用できるところが見つかりますから、まずは行って話をしてください。依存症の場合は治療も重要になり、借金問題が解決するとスムーズになるので、一人で抱え込まずに早めに相談することが解決の近道になります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る