お金を増やしたい!貯蓄・資産を増やす方法とコツ

お金を増やしたい!貯蓄・資産を増やす方法とコツ

65view

2018.09.16

将来のため、日々の生活を楽しくするためにも、自分の貯蓄や資産を増やしておきたいですよね。でも、日々の生活費や、子供の養育費、家のローンなどが重なり、なかなか思うよう増えていかず、苦労している方も多いのではないでしょうか。今回は、貯蓄・資産を増やす方法とコツについて書きましたので、参考にしてみて下さいね。

まずは見直してみよう!日々の生活費

貯蓄・資産を増やす方法とコツを考える上で、まず始めに注目してほしいのが、支出の部分です。節約のため、普段の買い物でなるべく安いものを買おうと、チラシや、商品の金額を必死に見ている方もいらっしゃると思います。もちろん、その地道な節約も大切だとは思いますが、それよりも大幅にコスト削減できる部分がありますので、紹介していきます。

まずは、携帯代です。多くの方が、大手キャリアの携帯を利用しているかと思いますが、現在は「格安SIM」というものがあり、大手キャリア以外の会社と、契約することができます。mineo(マイネオ)や、UQモバイルなど、テレビでも宣伝していますよね。1つの例としては、月10,000円の利用料が、1,500円程度まで節約できたりします。ご自身の現在の利用形態や、会社によっても金額が違いますので、実際に調べて比較してみて下さいね。もし1ヵ月8,500円の節約ができたとしたら、1年で102,000円も節約できますね。

何か不便になるのでは、と思う方もいらっしゃると思いますが、自宅にWi-Fiの環境があり、外出先でよほどネットワークを利用する必要がある方以外は、特に利便性は変わりません。通信速度に制限がありますが、自宅ではWi-Fiを利用すれば関係ありませんし、外出先でも、Wi-Fiを利用できるところは多いですよね。無料通話は追加料金で付けることもできますが、line電話を利用すればその必要も無いと思います。今までと利便性がほとんど変わらず、月にこれだけコスト削減ができるのなら、節約したほうがいいと思いませんか。

次に見てほしいのが、生命保険・自動車保険です。学生の時に親から勧められたり、会社の付き合いで、なんとなく保険会社を決めて、そのままになっているということはないでしょうか。今一度、自分が入っている保険の内容、支払っている金額が妥当かどうか、確認して頂きたいです。保険を安くするには、ネットの保険をお勧めします。今は、簡単にネット上で見積もりを取ることができますので、まずは、自分が入っている保険会社と同じような内容で、金額がいくらになるのか、見積もりを取ってください。内容にもよりますが、3割程度安くなると思います。

現在の保険内容に不要なものが含まれている場合は、半額ほどになることもあります。ネットの保険と聞くと、おそらく多くの方が、「何かあったとき、ちゃんと対応してくれるのか」という心配をされると思いますが、大丈夫です。電話1本で、しっかり対応してくれますし、分からないことにも迅速に回答してくれます。ネットの会社は、対応が良くないというのは思い込みですので、対応に関してのこともホームページをじっくり見てみてください。ただし、ネットを全く使えない、という方にはお勧めできません。

もう一つコスト削減のコツとして、ネットで買い物をするということが挙げられます。ポイントは、全ての買い物をネットでするのではなく、お店で買うよりも安いものだけにします。例えば、電化製品などは、ネットのほうが安い場合が多いですし、赤ちゃんのオムツは、お店で買う方が安いことがあります。普段買っているものをネットで調べれば、金額はすぐ比較できます。ネットを利用すれば、買い物にでかける際の、車のガソリン代も節約できますので、上手に利用してくださいね。

ぜひ利用したいiDeCo(個人型確定拠出年金)とNISA

資産を増やす方法として、銀行に貯金するというのが一般的ですよね。でも、上手に資産を増やしている人に共通していることがあります。それは、貯金ではなく、資産を運用しているということです。銀行の利息は、とても少ないですよね。下手すると、銀行を利用することによって発生する手数料の方が大きくなることもあります。昔のように、銀行に預けておくだけで、勝手に資産が増えていくということは、当分無いでしょう。そこで、知っておいてほしいのが、iDeCo(個人型確定拠出年金)という、国が新たに設立した制度です。

iDeCoは、公的年金に上乗せする年金制度です。毎月、投資信託などを購入して積み立てていきます。原則60歳までは降ろすことはできません。一番のメリットは、運用利益に対して、税金がかからないことです。ただ、メリットはそれだけでなく、その年の所得税、住民税の負担が軽減されます。これが案外知られていないのですが、iDeCoを開設し、毎月いくらか積み立てるだけで、節税になるということです。積み立ては、投資信託などの商品でなく、預金に回すことも可能ですので、リスクをとりたくないと思う方は、預金だけで運用しても、いいかもしれません。少し、運用や制度に関しては、複雑な部分もありますので、ここでは、住民税、所得税の負担が減る、ということだけでも覚えておいて下さい。

その他にも国の制度で、NISA、積み立てNISA、ジュニアNISAというものがあります。NISA口座を開くことで、株や投資信託での運用利益が非課税になります。こちらは、運用が必要になってきますが、比較的リスクの低い投資信託などの商品を選ぶことで、安全な運用が可能になります。もちろん、運用の結果として減るという可能性もありますので、資産の全額を運用するのではなく、余力資金で運用して下さいね。
慣れている方は、手数料の安いネット銀行での開設をお勧めしますが、不安な方は、普段利用している銀行へ相談すると良いかと思います。

あとは真面目に働く

生活の質を保ったまま、できる限りコストを下げる。国の制度を活用し、資産運用・節税をする。これらができたら、これまで通り、真面目に働くのみです。この3点を意識して生活すれば、無理せず貯蓄・資産を増やすことができるでしょう。最後になりますが、あまり思いつめず、楽しみながら試してみて下さいね。あなたの生活が豊かになることを願っています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る