浪費癖を治す方法おすすめ5選

浪費癖を治す方法おすすめ5選

16view

2018.09.16

浪費癖とは、お金を無駄に使うという意味があります。浪費癖で悩んでいる人は、自分の生活水準に見合わないお金の使い方をしてしまい、困っているのではないでしょうか。どんなに収入が多くても、お金の使い方を間違えてしまうと、お金をためることは難しいでしょう。浪費癖が激しいことで、借金を作ってしまったり、所帯持ちの人は、家族にひもじい思いをさせてしまうことも。今回は、浪費癖を直す方法を紹介したいと思います。

危機感を持つことが大事

浪費癖がある人は、実は楽天的な人が多いのが特徴です。お金がなくても何とかなると思っていたり、お金を使いたい時に使いたいと思っている人が多いのです。人生を楽しく過ごすためには、こういう考え方も必要ですが、何とかなるさ主義の人は、お金の使い方で計画性がなくなってしまう可能性があります。

お金がなくなっても誰かが助けてくれるという考え方では、いつまでたっても浪費癖は直りません。誰だって長生きしたいものです。浪費癖を直す方法として大事なのが、「危機感」を持ち、お金のありがたみを知ること。そして、困った時は、誰かが助けてくれると考えるのではなく、自分の力で何とかしようという気持ちが大切です。

ストレスをため込まないように

浪費癖の原因に、ストレスをため込んでしまっているというのがあります。衝動買いをすることで、ストレスやモヤモヤを発散しようとします。言わば、買い物が生きがいになってしまっていると言えるでしょう。そのような場合は、浪費癖を直す方法として、他に夢中になれる趣味を見つけたり、気分転換をしてストレスをため込まないようにすると良いでしょう。

浪費癖の一番悪い所は、必要のないものを買ってしまうということ。なので、我慢して何も買わないというより、必要のないものを買わないようにすることが大事です。欲しいものを全部我慢して、何も買わなかったら、何のために働いているのかわかりませんし、人生を楽しく過ごすことはできません。

お金は計画的に

浪費癖のある人は、一カ月にどれくらいお金を使ったか把握していないというのがポイントです。お金をどれくらい使っているかわからないので、どこを改善していいのかもわからないのです。そういう時は、浪費癖を直す方法として、家計簿をつけることがおススメです、家計簿をつけ、収支を把握することで、どこに無駄にお金を使っているのかが、数字として表れます。飲み会、ギャンブル、趣味、無駄な買い物など、どこかに穴があるはずです。

そして、クレジットカードは持ち歩かないようにしましょう。いくら使ったのかわからなくなってしまいますし、高額なものや、無駄なものを買ってしまう原因になります。また、買い物に行くと目についたものがどれもこれも欲しくなってしまう人がいます。バーゲンセールだったり、限定品だったり、今しか買えない、買わないと損をすると考えてしまう人です。基本的にそういうものは、買わなくてもいい商品なので、買い物に行く前に、欲しいものを整理し、計画的に必要なものだけを買うということを意識してみましょう。

自分に甘えてはいけない

浪費癖がある人は、自分に甘いというのも特徴になっています。例えば、自分にご褒美をあげるという行為です。自分にご褒美をあげるという行為は、ストレスを発散したり、自分を高めることができますが、限度があります。とても高価なものを買ったり、ご褒美をあげる頻度が多いと、お金はどうやったってたまりません。「今日はよくがんばった」「今日は疲れた」といって、美味しいものを食べたり、どこかで遊んだりする人は、注意が必要です。また、ご褒美を与えることで、買い物中毒になることもあるので、なおさら浪費癖の原因になってしまいます。

他にも、見栄っ張りな性格な人は、周りからよく思われようとして、高級なものを買ってしまう傾向があります。SNSなどでたくさんの人に自慢したいと思い、高価なものや必要のないものを買ってしまうのです。他にも、浪費癖がある人は、外食が多かったり、給料日に沢山お金を使ってしまったり、自分に甘いことが浪費癖の原因になっています。浪費癖を直す方法としては、自分を甘やかしすぎず、厳しくすることが必要です。

我慢する精神を持とう

どうしても浪費癖が直らない人が、浪費癖を直すために必要な最終手段があります。それは、「我慢」する精神です。欲しいものを我慢することで、浪費癖を直し、無駄な買い物を根絶することができます。浪費癖の主な原因は、「ストレス」による衝動買い、欲求不満、人への劣等感などです。ストレスがたまってしまうので、欲しいものを全部我慢するのはよくありませんが、無駄なものは一つも買う必要はありません。

一つ一つしっかりと我慢することで、物欲をコントロールすることができるようになります。あの時はあんなに欲しかったのに、我慢を続けることで、「何であんなもの欲しがったんだろう」と思うこともあるのです。浪費癖のある人にとって最も難しいのが「我慢」ですが、浪費癖を直す方法として、これほど効果的な方法は他にないでしょう。

浪費癖を直す方法を紹介しました

浪費癖が直らなかった末路とはどんなものなのか想像してみましょう。借金をたくさん作ったり、病気やけがをした時に払うお金がないため十分な治療が受けられなかったり、浪費癖が原因で夫や妻と喧嘩し離婚なんてことにもなりかねません。浪費癖を直す方法として、将来に対して危機感を持つことで、お金の使い方を見直すことができます。大切な人を浪費癖で失ってからでは、もう遅いのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る