水道料金 滞納した場合、水道が止まるタイミングはいつ

水道料金 滞納した場合、水道が止まるタイミングはいつ

15view

2018.09.19

水道は生活に欠かせないライフラインの1つです。非常に重要で便利なものですが、万が一滞納した場合、水道を止められてしまうこともあります。止められた場合、どんな手続きが必要なんでしょうか。また滞納していた料金を支払った場合、何日後に使えるようになるんでしょうか。今回は水道が止まるタイミングについてご紹介します。

水道が止まるタイミングはいつ

滞納した場合、水道が止まるタイミングはいつなんでしょうか。水道代の支払いは厳しいイメージですが、水道代の支払いが多少遅れたり、払うことを忘れてもすぐに止まるものではありません。すぐに連絡して支払う意思があることを伝えれば、まず止められることはないでしょう。しかし滞納したまま放置すると、水道局から催促状が届きます。催促状は納付期限の約1ヶ月後に送られてくることが多いです。納付期限、請求金額、請求の対象となる利用期間などについて書かれており、金融機関やコンビニ等で滞納した金額を支払うことができます。

そのまま支払わずに放置した場合、次に勧告状が届きます。勧告状は催促状が届いてから約2週間後に送られてくることが多く、書かれている内容は催促状とほぼ変わりません。ただし強制執行についての説明などが加わり、催促状よりやや緊迫した文面に変わることが多いです。勧告状が届いても支払いを放置した場合、次に給水停止予告書(給水停止執行通知書)が届きます。勧告状が届いてから約2週間後(本来の納付期限から約2ヶ月後)に送られてくることが多く、給水停止前の最終通告の書類となります。これも放置した場合、数日以内に水道を止められます。

自治体により多少前後しますが、滞納してから約2ヶ月後に給水を停止されることが多いです。万が一水道を止められてしまった場合は、早急に滞納料金を支払い、最寄りの水道局に連絡しましょう。滞納した料金を全額支払い、連絡することで再び水道を使うことができるようになります。ただし支払いを行い連絡しても、すぐに対応してもらえるとは限りません。連絡後、再び水道を使えるようになるまで、数日かかることもあります。水道が使えないと非常に不便です。くれぐれも納期を守り、支払いが遅れることはないようにしておきましょう。もし支払いが遅れて催促状が届いたなら、無視せず早めに対応するようにしましょう。

今すぐ水道代を払えない場合は

学生の方や一人暮らしでギリギリの生活をしている方であれば、水道代も大きな出費になります。どうしても滞納した水道代を支払うことが難しい場合、最寄りの水道局に連絡し、一度相談してみましょう。支払えない事情を説明することで、給水停止を延期してもらったり、支払いを分割納付に変更してもらえる可能性もあります。分割納付にしてもらう場合、いくつか書類の提出が必要になります。1つ目は現在の収入について示す書類(源泉徴収票、給与明細書等)です。

2つ目は現在の生活資金の詳細を示す書類(家計簿、貯金通帳等)です。3つ目は現在の借金・ローンの支払い状況を示す書類(借金・ローンの明細書)です。調べれば分かることですので、くれぐれも提出忘れや嘘の申告がないようにしてください。また一部納付することにより、給水停止を取り消してもらえる可能性もあります。一部納付とは、滞納金額の半額以上を納めた後、誓約書を交し残りの金額を分割納付で支払うことです。ただし自治体によっては一部納付を認めない所もあるので注意してください。支払いに困った場合は、早めに相談することが大切です。

水道の使用をなるべく控えて節約しよう

水道代にお悩みの方は、日頃から水道の使用をなるべく控え、節約することも大切です。普段水道の使用を最小限に抑えているつもりでも、意外と無駄使いしていることもあります。例えば歯を磨くとき、水を出しっぱなしにしている方がいます。ほんの数分程度だから大した事ないと考える方もいるでしょう。しかしそれが毎日続くとどうでしょうか。恐らく何リットルもの水を無駄使いしていることになります。そう考えると非常に勿体ないですよね。

またお風呂に入る時、シャワーを無駄使いしている可能性もあります。いつも頭や体を洗う時に出しっぱなしにしている方は、なるべくシャワーを止めるように心がけましょう。食器を洗うときも出しっぱなしにせず、止める癖をつけましょう。洗濯をするときも、汚れが少ないものは手洗いするなどして節約してください。他にも節約するポイントはたくさんあります。水道代の支払いに悩んでいる方は、一度普段の生活を見直してみてください。あなたの工夫次第で水道代が多少は安くなるかもしれません。

水道が止まるタイミングは滞納してから約2ヶ月後

自治体にもよりますが、滞納してから約2ヶ月後に給水を停止されることが多いです。水道を止められる前にしっかり払うようにしましょう。万が一止められた場合は、滞納した料金の支払いを済ませ、早急に最寄りの水道局に連絡するようにしてください。支払いが難しい場合は、諦めず水道局に一度相談してみましょう。早めの対応が肝心です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る