借金を上手に返済していくコツ

借金を上手に返済していくコツ

28view

2018.09.04

新たな事業を起こしたい、急な出費が必要になったけどお金が足りないといった場合に、金融機関からお金を借りる方も多いでしょう。現在では借りるのが簡単になったため、クレジットカード感覚で利用する方も少なくありません。借金は返せれば良いですが、借金を返済できずに苦しんでしまう方もいます。今回は、借金を上手に返済していくコツについて説明します。

間違った借金の返し方

借金は上手に返済していけば生活に支障を来しませんが、間違った返済方法を選んでしまうと返済が滞ってしまう可能性が高くなります。借金を返済するためにインターネットを通じて確実に返済できる方法などを調べる方もいますが、インターネットでは間違った借金返済方法を教えている方もたくさんいます。

まず、「借金が時効で消えるのを待つ」という方法です。たまにインターネットの質問掲示板でこのような方法をおすすめしている方がいますが、決して正しい方法とは言えません。「借金に時効なんてあるの?」と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、実は借金には時効制度があります。消費者金融などから借りた借金は、返済期日の翌日から5年経過、5年間借入先から督促の連絡がなされない、金融機関から連絡がなく、こちらも一切返済していない、返済について裁判を起こされていないなどの条件を満たせば時効になりますが、よく考えてみましょう。連絡先も知っている人にお金を貸して、相手が一切返済の態度を見せていないにも関わらず5年間返済を求めないことは、現実的な話ではありません。数万円ほどの金額を貸している場合、「とりあえず返済してほしい」と思う方がほとんどでしょう。金融機関はこれらの管理に厳しく、返済しないままでいれば5年も待たずに借金の督促状を送ります。つまり借金の時効を待つという方法は、まともな金融機関からお金を借りている場合は不可能な手段ということです。

また、時効を待つのが不可能であっても、借金を返すだけであれば「他の金融機関から借金をして、別の借金を返す」という方法を考える方もいます。ですが、これは借金苦に陥る代表的なパターンと言える方法です。この方法で借金を返済し続けるのも良いですが、永遠と続けていくことを考えると精神的に楽なものではありません。既に借金をしているということで、お金を借りられないケースも考えられます。中にはどこから借りてどの程度返済すれば良いのかわからなくなってしまう方もいるため、借金を返すためにお金を借りるという方法は避けるべきでしょう。”

返済計画を立てよう

借金を上手に返済していくことに、手軽な方法というものはありません。返済していくために必要なことは、返済計画を立てることです。借金を上手く返せず苦労している方の多くは、借金をどう返すか考えた場合に「普段より稼ぎを増やせば良い」と考える方も少なくありません。もちろんそれも一つの方法ではありますが、収入を増やすことなく、返済計画を立てることで借金の返済を効率的に行うことが可能です。

返済計画の立て方ですが、基本的に月収を元に計画していきます。月々の返済額は事前に決められていることが多いため、月収から返済額を差し引き、余った予算でその月にどのような生活をしていくのかを決めていくのです。一日ごとに何円を使うのか決めておき、より出費がわかりやすくできると良いでしょう。借金をして中々返済できない方の多くは、””無駄な出費が多い””ことが原因の場合がほとんどです。返済計画を立てることで返済額を安定して返せる目途が立ち気持ちが軽くなる他、返済後もお金を管理する習慣が付くため日頃から無駄な出費を抑えることができます。ボーナスなどで月収が増えたときは繰り上げ返済を行っても良いですが、美味しい料理を食べるなど私利私欲に使うお金に充てるのも良いです。借金返済について重く考えすぎると心身に負担がかかり、返済計画を続けられなくなってしまう可能性もあります。費用に余裕が出た場合は、日々の自分へのご褒美に使うことで返済計画を続けることも簡単になるでしょう。

ですが、返済計画を立てる上で気を付けなければならない点もあります。まず、余計な出費を抑えなければならないという点です。「返済計画を立てて余計な出費が出るの?」と思う方もいるかもしれませんが、長く続けていればいるほど魔が差してしまうこともあります。一日に使う金額よりも多めに財布に入っていた場合、「明日使う分を減らせば良い」と考えて使ってしまう方も少なくありません。それが一時のものであれば良いですが、習慣化してしまうと返済計画を立てたはずが上手く返済できないという事態にも繋がります。もしものためにと多めに持ち歩いてしまうかもしれませんが、特にひと月に使える費用が少ない場合は最低限の金額を持ち歩くよう心掛けた方が良いでしょう。

債務整理を利用しよう

返済計画を立てることで借金を返済していける可能性が高まりますが、一人では続けることが難しく、途中で計画をやめてしまい返済が滞る方も少なくありません。そのまま借金の返済が滞ってしまうと、いずれ返済するのが難しい金額に膨れ上がることも考えられます。そうなる前に行うべきなのが、債務整理という借金返済方法です。

債務整理というのは、簡単に言えば借金を整理して返済しやすくするのが目的になります。債務整理は自分一人で行うものではなく、借金問題の専門家に依頼することで行えます。

債務整理にはいくつか種類があり、中でも利用者が多い方法が任意整理というものです。自分に代わって専門家に金融機関と交渉してもらい、借金の返済額から金利をカットすることができます。「数年の間返済することができず、返済を始めようと思っても金利を返すのが精いっぱい…」という方におすすめできる方法です。

また、任意整理の他に個人再生という方法もあります。任意整理とは違い、裁判所を介して金融機関と専門家が交渉し、借金の返済額を3年で返せる現実的な金額にする方法です。任意整理と違って金利がなくなるわけではありませんが、現実的に返済が難しいと感じた場合、3年で返せる金額まで抑えることができれば目標を持って返済していくことができます。任意整理は金利をカットするだけなので、低金利の契約であれば返済額が減りにくい一方、個人再生は3年で返せる金額まで抑えられるので場合によっては任意整理よりも返済額が安くなる可能性があります。

これらの債務整理は返済額を減らすだけではなく、「専門家からサポートを受けられる」という点もメリットです。たとえ返済額が減ったとしても、返済計画を立てることができずお金を管理することができなければ、再び返済することができずに借金が膨れ上がる可能性も少なくありません。しかし、任意整理や個人再生といった方法で借金を減らせた場合、専門家に依頼すれば返済計画を一緒に立ててもらうことができます。専門家の視点から借金に見合った返済計画をアドバイスしてもらえることも多いため、一人では返済計画を立てるのが難しいという方であっても具体的な返済プランを立てることができるでしょう。

まとめ

借金を上手に返済していくコツは多々ありますが、まずは実行することが大事です。借金の返済ができなくなって諦めてしまえば、自分にとって有益な事態にはなりません。返済計画や債務整理を行って借金を返済していくことで、返せないと思っていた借金が返済できる可能性もあります。無理だと思わず、まずは専門家に連絡してみるのも良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る