借金する人の性格や特徴・共通点や心理など

借金する人の性格や特徴・共通点や心理など

304view

2018.09.01

借金を繰り返してしまう人は、どんなに痛い思いをしてもまた繰り返してしまいます。なぜ一度苦い経験をしているのに関わらず繰り返してしまうのでしょうか。借金をしない人にとっては理解しがたいことでしょう。どうやら借金をする人には共通した特徴があることがわかりました。特徴や共通点ごとに詳しくお話していきます。

借金をする人の特徴(男性の場合)

苦い思いや苦しい思いをするとわかっているのに借金する人にはある特徴があります。ここでは男女ごとに詳しい傾向をお話していきましょう。

男性の場合は4つの特徴に分類することができます。1つ目が「嘘つき」。これは男女問わず人に対して嘘をつくことが平気なタイプは借金しやすい傾向があります。借金する人は嘘をついてまで借金を繰り返してしまいます。例えば、本当は自分がお金に困っているだけなのに、「親が入院してお金が必要」「後で絶対に返す」などあたかも真実かのように話すのです。借金の申し出をされた人からすれば、それが本当のことなのか嘘なのかを見抜くことができません。助けるつもりでお金を貸しても、まともに返ってくることはないでしょう。期日などを決めていたとしても、守られることもありません。嘘をつくことに慣れてしまっている人は、自分が嘘をついていることすら忘れてしまうのです。

続いて2つ目ですが、これは男性特有の特徴と言えます。それは「見栄っ張り」。男性はプライドが高く、人に対して自分を良く見せたいという願望があります。実際にはお金がないのに関わらず、女性とのデートは高級レストランや夜景の見えるホテルの一室などお金を惜しみません。しかし、懐にそこまでの余裕がなくても、自分を良く見せたい一心で借金をしてしまうのです。人から見える部分に対してお金を掛けたいと考える為、服装や時計、靴、車などに力を注ぎます。ブランド物で全身を固めてしまうようなタイプもいるでしょう。また、これが女性だけではなく、同性に対しても同じ場合はとても厄介です。後輩に良い先輩と思われたいが為に奢ってしまうようになることも。

それから3つ目に、「だらしなさ」が挙げられます。借金以外でもだらしなさがあるタイプ。時間にルーズであったり、約束事に対しても守らないなどの傾向がある場合、注意が必要です。不倫や浮気などに対しての抵抗感がなかったり、自分の人生そのものに対してもルーズであることが多いようです。言い方を変えれば、危機感がないタイプとも言えます。

そして4つ目ですが、これは「ギャンブル好き」であること。男性の中で借金をする人の多くがギャンブル好きな傾向があります。自分の懐具合を把握しつつ楽しんでいる場合はいいのですが、お金がないのにも関わらず、勝てば返済できると安易な気持ちで借金を繰り返してしまいます。給料が出た日にはギャンブルで全てを無くしてしまい、生活に困って借金をしてしまうことも多いようです。自分だけが生活をしているのであれば困るのは自分だけですが、家族がいる場合にはそうもいきません。生活に困ってまでしてしまうのがギャンブルの怖いところでしょう。ギャンブル好きは借金する人の特徴と言っても過言ではないのです。

借金をする人の特徴(女性の場合)

女性が借金をする場合の特徴ですが、男性との共通点は「嘘つき」であること。嘘をつく人は誰かを騙すことに抵抗感がないのです。ただ、女性の方が嘘が巧妙でバレにくいという特徴があります。嘘が上手な女性は、男性に対して嘘をつき、お金を搾り取ることも珍しくありません。返済する気持ちがないので、そのまま連絡が取れなくなってしまうなど用意周到なケースも少なくないのです。

ここからは、女性特有の特徴についてお話していきましょう。まず、女性の場合は男性よりも「欲望を我慢することができない」ケースが多いようです。特に物欲に対して我慢が出来ず、ブランド品や欲しいと思ったものは借金をしてまでも手に入れようとします。自分の自己満足だけではなく、周囲の人に自慢したい気持ちが強いのも女性ならではと言えるでしょう。最新ファッションや流行しているものなど、いち早くゲットすることで優越感を得ることもできます。クレジットカードの限度額いっぱいまでショッピングに使ってしまい、リボ払いで利息を払い続けているタイプの女性も少なくありません。

それから、「他力本願」というタイプも借金する人に多い特徴です。女性はいずれ結婚をして、夫に養ってもらえるからと自分で働くことをやめてしまったり、楽な仕事に従事して生活をしています。このような考えをしてしまうタイプの女性は、楽にお金が手に入る借金に対しても抵抗感がありません。お金に困ったら誰かが助けてくれるだろうと安易に思っている女性も借金する人の特徴です。

そして、女性特有の傾向と言えば「お人好し」であること。これは何か頼まれた時に断ることができないタイプのことを言い、借金をお願いされると応じてしまうタイプです。お金に困っている人から頼まれた場合、手元にお金が無くても貸してしまいます。交際している相手から「今すぐにお金が必要だ」と言われれば、消費者金融から借り入れてまでも用意してしまうのです。このような女性は、結婚詐欺などに遭ってしまうタイプとも言えます。

借金をする人の性格

借金する人の性格は、自分に甘くて楽観主義者であることが挙げられます。上記で説明した特徴の中でも、自分の力でどうにかしようという気持ちがあまりなく、誰かを利用してでもいいからお金を得ようとする傾向があるのです。お金や時間、人に対してもルーズであることから、周囲の人間に対して甘えているとも言えるのです。時間にルーズでも許してもらえたという経験や、お金がなくても誰かが用意してくれたなどの経験がそのような性格にしてしまっていると言っても過言ではありません。

このような性格になってしまったのは、周囲の環境の影響もあります。自分のしたことは自分の責任であるということを、しっかり学ばずに来てしまったからなのです。過保護な親に育てられて、トラブルは何でも親が解決してくれたという場合には借金に対してのハードルそのものが低くなっていることもあるようです。その逆に親が借金を繰り返しているようなタイプも抵抗感がなく、安易に借金してしまいます。借りたものは自分でしっかり返済するという当たり前が抜け落ちているケースはとても厄介です。

また、一度自分で完済することができると、その事実が成功体験になってしまい、「また次も返せるだろう」と思い込んでしまい、計画性なく借入してしまいます。「何とかなる」という楽観的な考えが身を滅ぼしかねません。自分の収入よりも多額の借金をしてどう返済していくのか、一切考えることもせず借入してしまえば、最終的に困るのは自分です。楽観主義もほどほどにしておかないとしっぺ返しを喰らう結果になるでしょう。

まとめ

借金する人の特徴や共通する傾向についてお話してきました。自分自身に思い当たることがある人は、一度自分の弱い部分をしっかり見つめ直すことが大切です。また周囲にこのようなタイプの人がいる場合には、自分がターゲットにされないように十分注意をして接してください。安易にお金を貸さないこともそうですが、保証人にならないことも大切です。親しい人の為を思えば、安易に借金をするような状態から抜け出させなくてはいけません。心を鬼にして甘い考えを正してあげてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る