リボ払いの返済に苦悩している方は必見

リボ払いの返済に苦悩している方は必見

10view

2018.08.04

リボ払いは、高額な商品を分割払いで購入でき、月々の支払いを一定の金額に抑えられる方法として注目を集めています。しかし、返済期間が長引くと高額な手数料を支払わなければなりません。そのため、日常的にリボ払いを利用することによって、知らず知らずの間に借金が膨らんでいる方が多いです。そこで今回は、リボ払いの返済を完結する手段を紹介します。

債務整理でリボ払いを終わらせる

まとまったお金を用意する手段がない方、経済的に余裕がない方はリボ払いの返済が長期化しやすいです。一括返済、月々の返済の増額が難しい場合には、債務整理による借金問題の解決を検討しましょう。

債務整理は、借金によって生活が困窮している方々を救済するための法的な手続きです。債務整理を開始すると、返済を請求する通告が無くなり、精神的苦痛が和らぎます。前向きな気持ちで生活再建に取り組めます。「リボ払いの返済がきつい」と感じた折には、司法書士や弁護士に相談して債務整理を開始しましょう。だらだらと返済を継続している中で、取り返しのつかない状態へと陥る可能性があるので、要注意です。

債務整理には4種類の手続きがありますが、任意整理でリボ払いの借金問題を解決するケースが一般的です。任意整理は、債権者であるクレジットカード会社に交渉し、返済する金額や方法を変更します。返済計画の見直しを行い、無理なく返済する方策を見出せます。借金に悩む日々から脱却し、普段の生活を取り戻すことが可能です。新たな返済計画に基づいて支払いを継続していれば、リボ払いを完済できます。”

任意整理で借金問題を解決するメリットとデメリット

リボ払いの返済の際には、高額な手数料や利息が発生するケースが一般的です。任意整理を行うと手数料を支払う必要がなくなり、支払いが元本のみになります。総返済額が大きく膨らんでいたとしても、月々の返済額が減額され、債務を完済する道筋を見出しやすいです。毎月の出費が減ることによって、生活に余裕が生まれ、気持ちが楽になる方も少なくありません。
リボ払いを完済する目途が立つだけでなく、支払いの期間を延長できます。リボ払いによる借金を任意整理している方の大半は、手続き終了後の返済期間を3年~5年に設定しています。但し、返済が難しい状況を債権者に考慮してもらえた場合には、返済する期間を7年に延ばすことが可能です。

その他にも、督促が停止するメリットがあります。司法書士や弁護士が借金問題に介入すると、債権者が返済を要求する行為は無くなります。返済が滞ると自宅にも勤務先にも債権者から連絡が入り、精神的苦痛を感じる可能性を否めません。そのため、早急に法律家に相談して手を打ちましょう。

しかし、リボ払いによる債務を任意整理するとデメリットがあるので要注意です。任意整理を行った経緯は、個人信用情報に記されます。事故情報が記録されている間は、クレジットカード会社や消費者金融の審査に通りません。クレジットカードの新規作成、住宅ローンの契約を行えません。任意整理の手続きが終了して5年程度が経過したら、事故情報が消えます。約5年間は、高額な商品・サービスの購入時に不便を感じます。結婚して名字や居住地が変更したとしても、借金問題を起こした事実は消えません。因みに、自分自身が任意整理をしていても家族が借金問題を起こしていなければ、何の問題もなく家族名義のクレジットカードを利用可能です。

また、リボ払いは利息制限法を超過する利率を設定していないため、法律に基づいて引き直し計算を行っても元本自体の減額が難しいです。過払い金返還請求が困難である旨を理解しておきましょう。

任意整理は法律家へ相談

多くの債務者は、リボ払いによって借金が膨らんでいる状況を誰にも知られたくないと思っています。自分一人の力で解決しようとして借金が雪だるま式に大きくなっている方は少なくありません。中には、他社の金融機関でローンを組み、借り換えによってリボ払いの返済を試みる方もいます。借り換えを行った場合、再び利息を支払う義務が課せられ、借金問題を根本から解決することが難しくなります。そもそもリボ払いの滞納が継続している方は金融機関の審査を通過できない可能性が高いです。無理にクレジットカードを作成しようとする行為は避けましょう。

先ず、借金問題を得意とする法律事務所を訪れ、借金問題を確実に解決する方法を考えることが大切です。法律事務所は敷居の高い場所と思われがちですが、無料で相談を受け付けている弁護士や司法書士は少なくありません。債務者の家族や同僚に任意整理の手続きを進めている状況を知られることなく、債務を完済する方法を見つけ出せます。

早期の段階で任意整理を始めよう

リボ払いによって経済的な負担が増加している方々は、出来る限り早急に任意整理を始めましょう。任意整理の手続きが遅れると返済額が増大するだけでなく、自分名義のクレジットカードを新規作成できない期間が長くなります。自分一人の力では借金問題の解決が難しいですが、法律家の手を借りることによって対策を見つけられます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る