プロミスで作った借金の相談はどこにすればいい?解決策にはどんなものがある?

プロミスで作った借金の相談はどこにすればいい?解決策にはどんなものがある?

5view

2018.08.10

プロミスで作った借金の返済があり、誰にも相談できなくて困っているという人は多いのではないでしょうか?
借金返済ができない場合は、弁護士に相談して借金の状況をもう一度確かめてみましょう。過払い金請求など返済を楽にする道が見つかるかもしれません。また、利用した消費者金融について理解しておくことも重要です。
今回はプロミスの特徴と借金の相談方法や具体的な解決策について解説します。

消費者金融としてのプロミスの特徴とは?

プロミスとは、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の完全子会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が展開する個人客を相手に融資をする金融事業です。SMFGと資本提携するまでは「プロミス」を商号としていました。
プロミスの特徴としてまずあげられるのが、金利が低いということです。担保も保証人も不要である「フリーキャッシング」を新規で契約した場合の借入利率は実質年率17.8%が上限と定められています。

また、適用される利率は借入条件によって変わります。最低4.5%の利率から、プロミスでは融資をしてもらうことができます。返済は、最終借入後の借入残高に応じて返済額が変動する「残高スライド元利定額返済方式」で行います。また、都合に合わせて毎月の返済額以上を返済することもできます。余裕のあるタイミングで多めに返済することで返済期間を短くすることも可能です。

プロミスは初めて契約する場合、30日間無利息で利用できるサービスを実施しています。初回利用日翌日から30日以内であれば、追加で利用した分についても無利息となります。契約の際、メールアドレスを登録し、web明細を申し込むだけで無利息は適用されます。新規の顧客に対して良心的な消費者金融であると言えるでしょう。初めて消費者金融を利用する人の多くがプロミスを選ぶ要因の一つとなっています。

申し込みから利用開始までのスピードが早いというのもプロミスの特徴の一つです。インターネットで24時間365日受け付けしているので店舗を訪れる必要はありません。審査は最短30分で終了し、確認書類の提出もスマホアプリを使ってすぐに済ませることができます。口座振替を選択するとカードの発行も不要となるのでweb上で契約を全て完結します。即日融資も可能です。
2007年12月19日に貸金業法の改正を受けてプロミスは金利の見直しを実施しました。プロミスをはじめ、大手の消費者金融は法律で定められた金利の上限を守って融資してくれるという安心感があるのが大きなメリットであると言えます。”

プロミスでの借金の返済に困ったら弁護士に相談!具体的な解決策を提案してくれる!

借金返済ができない場合は弁護士相談が有効です。本来支払う必要がないにもかかわらず、消費者金融など貸金業者に対して余分な支払いをしてしまっている事例もあるので、過払い金請求に詳しい弁護士を訪ねてみましょう。仮に、過払い金の発生という事実がなく、その方法で解決ができないという場合でも弁護士はその他の様々な解決策を提案してくれます。

借金は「債務整理」という手続きを踏むという方法でも解決できる可能性があります。債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」などがあります。任意整理は取引開始時に遡って利息制限法の上限金利に引き下げて借金を減額したうえで、元本のみを3年ほどで分割して返済するという内容で業者と和解するものです。貸金業法が施行される以前の出資法の上限金利を利用していた業者と契約をしていたという人にとっては有効な手段であると言えます。民事再生は自分の財産を維持したまま、借金の内容や保有している財産などから判断して減額された借金を原則3年間で分割返済していくという方法です。資格制限を失うこともありません。自己破産は財産や収入がなく、返済できる状態にないことを裁判所に認めてもらうという手続きです。自己破産が認められると家具など生活に必要なものを除く財産が処分される代わりに借金の返済義務を免除されます。

プロミスを利用している人の中でも、過払い金が発生している可能性があると言えるのが2007年12月19日以前から取引がある人です。貸金業法の改正による金利の見直しを行う以前は、プロミスでも20%を超える金利での貸付が行われていました。弁護士相談などで、過払い金調査をしてもらうと、返還してもらうことが可能な金額が存在していることが明らかになることがあります。過払い金発生の可能性を感じたらまずはためらわずに弁護士に相談してみましょう。プロミスは過払い金請求に対する対応が比較的良いことでも知られています。過払い金請求には最後の取引から10年という時効があります。早めに相談に行きましょう。”

まずは弁護士に相談しよう

プロミスは比較的過払い金請求に対する対応が良い消費者金融として知られています。ですが、過払い金請求には専門的な知識が必要なので弁護士に相談するのが安心です。

また、借金の返済に困っている人にとっても弁護士相談は有効です。様々な解決策を提案してくれるので一人では見つけられなかった解決方法も見つかるかもしれません、まずは近くの弁護士を訪ねてみましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る