カードローンを借りるときは返済のコツがあるので知っておこう

 

今ある借金がどれだけ減らせるか無料診断

 

借金減額シュミレーター

毎月のローン支払いが厳しい

返しても返しても借金が減らない

  • 過払い金の有無を知りたい

 

借金相談カフェ 詳細はこちら

 

 

 

 

 

カードローンを借りるときは返済のコツがあるので知っておこう

27view

2018.08.14

手持ちの金額が少ないときは銀行や消費者金融の扱っているカードローンを使うといいでしょう。現金を借り入れできるサービスで毎月決まった額の返済をします。借金を返済するときにはいくつかのコツがあるので注目です。
上手くコツを掴み返済することで負担を少なくしたり安全に返済できるので理解しておくと便利といえます。ここでは返済するときのコツを紹介しましょう。

返済方法を工夫するといい

カードローンを使い借金がいくつかあるときにはなるべくコストを抑えた返済方法を利用するのがいいでしょう。利用できる返済方法はいくつか用意されているのですが中でも比較的使いやすいと言えるのが専用ATMかコンビニのATMといえます。大手消費者金融から銀行のカードローンまで対応するサービスで24時間いつでも利用できるのがメリットです。好きなタイミングで返済できる、通帳に記録が残らないといったメリットがあります。

銀行振込を利用して返済もできますが、こちらはちょっと注意が必要です。通帳記入をすると記録が残ってしまうので人によっては都合が悪いと言えます。また銀行指定の振込手数料が発生するのでコストが掛かってしまうのがネックです。コスト面を考慮するのなら、なるべくATMを使い支払いをするのが理想的と言えるでしょう。
近場にATMがない場合で大手のカードローンを使っているときはアプリが利用できる場合があります。ネットバンキングから返済できるサービススもあるのでスマートフォンやタブレットを使い、場所を気にせず返済が可能です。注意点として通帳記入をするので返済の記録が残ります。

便利なATMですが注意点もある

24時間いつでも利用できるATMは使い勝手がいいです。ただし注意点として提携をしている銀行のATMを使うときは手数料がかかるものもあるので覚えておくといいでしょう。自社が行っているATMの場合は基本的に手数料が無料の場合がほとんどです。利用する時間帯によっては手数料を取られてしまうので確認してから利用するのが理想的と言えます。
どこの提携コンビニATMや銀行での利用をすれば手数料が無料になるのかチェックしたいときは、各カードローン会社のホームページから確認です。提携ATMは1回につき100円から200円くらいの手数料と取られます。なるべく金銭的負担をかけたくないなら自社ATMを使うようにしましょう。

返済日を工夫すると借金を返しやすくなる

カードローンを借りたときには決められた返済日までにお金を返さないといけません。返済日までに返せないときはナルティとして高い金利を支払う必要があるので注意しておきましょう。なるべく借金返済を延滞させないためには少しコツがあります。
消費者金融や銀行によっては返済日を自由に設定できるところもあるので注目です。返済期日を工夫して給料日以降に設定をしておけば安心と言えます。給料日前だと手持ちのお金に余裕がない人も多いといえますが、給料日以降ならお金があるので返済もしやすく延滞する事態も回避できるのが特徴です。
より安全性を高めるのなら返済期日をメールで知らせてくれる会社を利用するのも手と言えます。サービスによっては自由に設定できるところ以外に予め設定されている期日から選択するものもあるので調べておくといいです。

繰り上げ返済とミニマムペイメントを知る

借金を返済するときカードローンでは毎月最低返済金額と呼ばれるものが設定されています。最低いくら返済するといいのかを指定しているもので、指定された金額以下は対象外です。あくまで最低返済金額なのでそれ以上の金額を返済できるのもメリットです。なるべく早く借金返済をしたいときには多めに返済するのがいいでしょう。
決められた金額以上の返済をした場合利息の負担が少なくなるメリットもあります。繰り上げ返済は返済期日より前にお金を返す方法です。基本的にカードローンは日割り計算となっているので少しでも早く返済をすると利息が安価になるといったルールが設定されています。実際に繰り上げ返済をするときはカードローン会社への連絡が必要ないところが多いので、手持ちの金額が多いときはすぐにコンビニのATMに行き支払うのもいいでしょう。

ただし注意点として早期返済した金額分の扱いは会社により違いがあるので調べておくといいです。繰り上げ返済はいつでもできるものなのでボーナスが入ったタイミングで支払うといった手段も使えます。
ミニマムペイメントは月々に支払う最低返済金額です。これはカードローン会社により違いがあるので知っておくといいでしょう。たとえば最低金額が4000円のところもあれば3000円のところもあります。支払う金額が少ないほど利用者への負担も少なくなるのでカードローン会社を利用するときはミニマムペイメントと自分の毎月の収入を比較するといいです。
最低返済金額は会社だけでなく借りた金額によっても変動する仕組みをしています。借り入れが多いほどミニマムペイメントも多くなるので注意が必要です。自分で毎月の返済額を計算するのが面倒なときはカードローン会社のホームページに行き、返済シミュレーションを使うといいでしょう。月々の返済額を確認できる、返済回数の確認も可能で合計いくらかかるのかも調べられます。

無利息サービスと利息の計算を知ると便利

特定のカードローンサービスでは30日間無利息でお金を貸してもらえるサービスを行っています。また特定金額を規定日まで無利息で貸してくれるところもあるので利用してみるといいでしょう。基本的に初めて利用する方を対象としているサービスになっています。条件は各カードローン会社により違いがあるのですが、たとえばWeb明細の利用やメールアドレスの登録といった作業が必要です。
また契約額が500万円までといった条件も設定されています。少額の借り入れなら無利息で1ヶ月以内に返済できる可能性も高いので初心者の方は検討してみましょう。
日本の法律では金利の上限が年利20%と決まっていますが銀行系と消費者金融系では利息が変化するのが特徴です。基本的に銀行は金利が安価に設定されている場合が多いため銀行系を利用すればリスクの少ない返済が可能となっています。利息の計算ですが日割り計算となっているので借り入れ残高×年利×借り入れ日数を365日で割ると利息を算出できるのが特徴です。繰り上げ返済で紹介したように日割りなおで同じ金額を借りてもすぐに返済すると返済額が少なくなるのがメリットといえます。

まとめ

カードローンは必要なときに上限内で必要な金額を借り入れできるので便利なサービスです。ただし利息込みの金額で返済しないといけないので利用するときは返済のコツを知っておくと負担を少なくできるでしょう。たとえば返済方法はいくつか用意されていますが、どれを利用するのかにより金銭的負担やプライバシーの安全性を保てます。自社ATMを利用すると手数料を差し引かれることなく返済できる、通帳記入もないので借り入れがバレてしまう事態も起こらないです。
コンビニや銀行で利用できるATMは提携先によって手数料を取られるので事前に調べておくのが無難と言えます。繰り上げ返済は早めに謝金を変返す方法です。早めに返済すると利息が少なくなるので実質的に返済額も少なくなるのがメリットとなっています。ミニマムペイメントと併用するとさらに負担を少なくできるので検討してみましょう。
初めて借り入れをする方は無利息カードローンを使ってみるといいです。特定期間が無利息で借り入れできるサービスを行っています。カードローンを利用するなら利息の計算方法や金融サービスの情報を収集すると返済計画も立てやすいです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る